ホーム > 県政情報・統計(統計) > 経済統計 > 四半期別県内GDP速報 > 四半期別兵庫県内GDP速報(兵庫QE)

ここから本文です。

更新日:2018年3月30日

四半期別兵庫県内GDP速報(兵庫QE)

四半期別兵庫県内GDP速報(兵庫QE)は、内閣府経済社会総合研究所が公表している「四半期別GDP速報(QE)」の兵庫県版に当たるものです。

兵庫県民経済計算の年度確報値(以下、「年度確報値」といいます)を基に、平成28年度以降を四半期別に推計しています。
年度確報値とは異なる方法で推計していますので、今後発表する年度確報値とは数値が異なる場合があります。

推計に用いる統計データ等の改定および精度を高めるための推計方法見直しに伴い、計数の遡及改定を行うことがありますので、常に最新の推計値をご利用下さい

なお、平成23年基準に基づき、公表年度が平成18年度以降となっています。

  • 支出側
    平成18~27年度の年度確報値(支出側)と、支出側に関連の深い統計データを用いて回帰分析を行って推計しています。
    年度確報値が公表されるまでの暫定値としてご利用下さい。
  • 生産側
    平成16年度内閣府経済社会総合研究所四半期整備検討委員会で検討された方法を基に推計したものです。
    年度確報値と大きくかい離することもあり得ますので、ご利用に際しては十分ご注意下さい。
  • 県民雇用者報酬(試算値)
    賃金や雇用に関する統計を用いて推計したものです。
    年度確報値と大きくかい離することもあり得ますので、ご利用に際しては十分ご注意下さい。

直近の推計結果の概要

平成29年10-12月期速報

実質県内GDP 5兆1,470億円 対前年同期比2.6%増 5期連続のプラス

名目県内GDP 5兆3,730億円 対前年同期比1.9%増 19期連続のプラス

1.実質県内総生産(支出側)

平成29年10-12月期の実質県内総生産(支出側)(平成23暦年連鎖価格方式)は5兆1,470億円で、対前年同期比2.6%増となった。

これは、民間住宅投資及び公的固定資本形成が引き続きマイナスで推移したものの、民間最終消費支出及び民間企業設備投資が引き続きプラスで推移し、政府最終消費支出がプラスに転じたためである。

  1. 民間需要(含民間在庫変動) 対前年同期比2.6%増
  2. 公的需要(含公的在庫変動) 同1.7%減

※名目値の内訳については、関連資料をご覧ください

2.実質県内総生産(生産側)

  1. 製造業 対前年同期比5.3%増
  2. 非製造業 同1.7%増

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

部署名:企画県民部ビジョン局統計課 政策統計班

電話:078-362-4129

FAX:078-362-4131

Eメール:toukeika@pref.hyogo.lg.jp