ホーム > 県政情報・統計(県政情報) > 行財政・法規 > 適切な行財政運営の推進 > 2019年度以降の行財政運営の枠組み > (参考)2019年度以降の行財政運営の枠組み[検討の経緯]

ここから本文です。

更新日:2018年10月17日

(参考)2019年度以降の行財政運営の枠組み[検討の経緯]

1 2019年度以降の行財政運営の枠組み案(平成30年8月21日)

人口減少、少子高齢化などの社会情勢の変化や国の政策動向等を踏まえながら、すこやか兵庫の実現に向けた施策展開を行うため、行財政運営の枠組み案を取りまとめました。

2 2019年度以降の行財政運営の枠組み(最終案)(平成30年9月25日)

検討過程でいただいたご意見などを踏まえ、兵庫県行財政運営方針(最終案)等を取りまとめました。

 

兵庫県行財政運営方針(最終案)等の取りまとめにあたり、平成30年8月22日から平成30年9月11日に実施したパブリック・コメントについて、いただいた意見等の概要とこれに対する県の考え方を公表しています。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

部署名:企画県民部企画財政局新行政課

電話:078-362-3045

FAX:078-362-9478

Eメール:kichou_shingyousei@pref.hyogo.lg.jp