ホーム > つながる兵庫 > 活動する > 【地域コミュニティに参加する】笑顔あふれるまちづくりに協力する

更新日:2021年11月16日

ここから本文です。

【地域コミュニティに参加する】笑顔あふれるまちづくりに協力する

平成16年度から平成29年度にかけて、兵庫県では県民一人ひとりが身近な地域を舞台に、多彩な分野で実践活動・交流、生涯学習、情報収集・発信等に取り組むことができるよう、活動の場づくりと活動への助成を行う「県民交流広場事業」を実施。「県民交流広場」とは、身近なコミュニティ施設などを活用して整備される活動の場と、そこで営まれる住民による手づくりの活動を総称したもの。平成30年度より、整備した県民交流広場の拠点機能が今後も発揮されるよう、備品の更新・購入に対する補助事業「県民交流広場を活用した地域力の強化事業」を行っている。

また、県では、自治会(町内会)が中心となって、PTAや婦人会など地域安全まちづくり活動を行っている他の団体にも呼びかけて活動を行うグループを支援。地域でのつながりが希薄になってきた今、子育て支援や高齢者の見守りなどを行う地域コミュニティの構築を目指す取組みに対しても支援を行っている。

県民交流広場を活用し、地域力の強化を目指す

兵庫県では、「参画と協働による兵庫づくり」の具体の支援策として、「地域づくり活動応援事業」など、地域団体などによる創意工夫に富んだ活動を支援してきた。平成16年度から2年間にわたるモデル事業の蓄積を生かしながら、平成18年度より、法人県民税の超過課税収入を活用した「県民交流広場事業」を本格展開。おおむね小学校区を単位としたコミュニティを対象に、住民組織による身近な活動の「場」づくりと活動に要する経費の助成などの支援を行った。

この事業が目指すのは、「参画と協働」によるコミュニティづくり。さまざまな立場にある主体が絆を育みながら、地域の課題やニーズに根ざしたコミュニティづくりに取り組むことを期待し、その呼び水となることが県民交流広場の役割である。これまでに実施した地域では、各地域の特性や実情に応じた創意工夫ある取り組みが展開され、活動の回数や参加者が増えた、世代間の交流が深まったといた成果が現れるなど、コミュニティづくりの共感の輪が着実に広がっている。

若草ふれあいのまちづくり協議会(神戸市)では親子で参加できる「親子フラ」を実施

事業の一例として、神戸市の北東部に位置する八多(はた)町では、八多ふれあいのまちづくり協議会により、平成21年に「野外ステージ」を設置。協議会の活動拠点となっている「八多ふれあいセンター(地域福祉センター)」のほか、平成6年に新築したセンター本館もあり、さまざまな催しや活動を行っている。

毎年6月ごろに八多ふれあいセンターで開催されている「ほたるコンサート」では、野外ステージで地元中学生の吹奏楽部の演奏やジャズなどを披露。また、毎年秋に行われる地域の文化祭や園芸発表会も地域の人の交流の場となっている。

野外ステージを使ったほたるコンサート。観客席の後ろでは地域の方が作った農作物を販売。

詳しくはこちら

県民交流広場を活用した地域力の強化事業

兵庫県では、平成16年度から平成29年度に実施した「県民交流広場事業」の更なる発展を目指し、平成30年度からスタートした「県民交流広場を活用した地域力の強化事業」。令和元年度より、補助内容拡充し、令和元年度~令和3年度の3年で、全広場727団体を対象に1団体1回限り受付を行っている。

対象となる経費は、地域づくり活動に必要な備品の更新や修繕、新規購入等に要する経費とし、施設や設備、消耗品の更新等に要する経費、申請団体構成員の人件費や通信費、交通費等は対象外となる。

「県民交流広場を活用した地域力の強化事業」を利用し、実際に購入された備品は、健康づくり活動として輪投げ道具や卓球練習機、グラウンドゴルフ道具など。広報誌やICTを活用した広報活動では、デスクトップパソコンや輪転機、デジタルカメラなどに活用されている。また、新型コロナウイルス感染拡大の予防として、非接触型体温計やアクリル板、空気清浄機などもある。

県では、多様な力が集まる住民主体の地域づくりの充実を目的に、自らの持つ専門的知識、特技や趣味、スキル等を活用して社会貢献活動等を行う県民へ、地域課題解決のための専門的な知識、技術を必要とする地域とをつなぐためのコミュニティ応援隊(CAT:Community Assist Team)を結成。ワークショップの企画助言・進行支援や、ホームページ開設・活用方法といった悩みを解決に導口など、多様な人材とコンタクトができる仕組みづくりを行なっている。支援にかかる経費は依頼者の負担となるが、兵庫県のサイトで紹介している「コミュニティ応援隊の顔ぶれ」に掲載されている情報を基に、直接、アドバイザーとの連絡や招へいにかかる調整・依頼などを行えば、コミュニティ応援隊の支援を受けることができる。

「県民交流広場を活用した地域力の強化事業」で購入した備品を活用した交流活動

詳しくはこちら

 

アクセスランキング