ホーム > 組織情報一覧 > 淡路県民局 洲本土地改良事務所 > 淡路ため池・里海交流保全活動

ここから本文です。

更新日:2018年9月25日

淡路ため池・里海交流保全活動

農業者と漁業者などが連携して行う「かいぼり(池干し、泥ながし)」を支援します!

淡路島では農業者の高齢化等により、ため池の適正な管理が困難になってきており、ほとんどのため池で「かいぼり(池干し、泥ながし)」が行われなくなっています。

一方、淡路島が位置する瀬戸内海は、下水道整備が発達し、海の栄養塩濃度が低下したことから、養殖海苔の色落ちが問題化しています。

「ため池・里海交流保全活動」とは、このような農業者と漁業者が抱える問題を、ため池の「かいぼり」を連携して行うことにより、ともに解決していく取組です。

「かいぼり」の手順・実施状況について(PDF:1,480KB)

 かいぼり状況1 かいぼり状況2 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

部署名:淡路県民局 洲本土地改良事務所

電話:0799-26-2124

FAX:0799-22-2510

Eメール:sumototochikairyou@pref.hyogo.lg.jp