ホーム > まちづくり・環境 > 都市計画・整備 > 尼崎21世紀の森 > 尼崎の森中央緑地で森づくりの仲間になろう! > 森づくりの応援団

ここから本文です。

更新日:2017年10月17日

森づくりの応援団

尼崎の森中央緑地の森づくりに参加していただいている方々を紹介します。

苗木の里親

平成28年度末までに延べ6,300名の方々に「苗木の里親」として、苗木を育てていただきました。

また、平成24年度から28年度の5年間で、延べ1,400名の方々に約3,000本の苗木を中央緑地に植樹していただくことができました。

企業・学校・団体による苗木の里親の取り組み

企業や学校単位で、苗木の里親に取り組まれている方々をご紹介します。

尼崎信用金庫

企業第1号の苗木の里親さんです。

本店敷地内の育苗施設で苗木を育てていただいています。

株式会社香山組

本社の屋上デッキに、育苗施設をつくっていただき、アラカシ、ウバメガシなどを育てていただいています。

苗木に水やりをすると、アシナガバチが水を飲みにやってきたり、巣の材料にするため、根元の土を抱えて飛んでいく様子が観察できるそうです。
苗木とともに、屋上に小さな自然の営みが生まれています。

公益財団法人尼崎地域産業活性化機構

尼崎中小企業センターの3階テラスで、コナラ、アベマキの苗木を育てていただいています。

エコにこだわり、ソーラーパネルを導入。ソーラーパワーで自動灌水装置を動かしています。

株式会社クボタ阪神工場

工場の一画で、コナラ、アベマキ、クヌギの苗木を育てていただいています。

毎日かかさず苗木の様子を見て、ゴールデンウィークも苗木のために水やりに来てくれていたそうです。

愛情いっぱいの苗木は、いきいきしています。

株式会社新日鉄住金鋼板

工場敷地の一画でアラカシ、ウバメガシの苗木を育てていただいています。

枯れかけた苗もあきらめず、根を洗い土を替えたところ、もう一度芽が吹いてくれたそうです。

日本山村硝子株式会社

本社の敷地内でアラカシ、ヒメユズリハの苗木を育てていただいています。

育苗施設は、塩ビパイプやブロックなどを組み合わた手作りです。

少し成長の遅い「ヒメユズリハ」のことをとても心配してくださり、丁寧に育てていただいています。

メック株式会社  

平成22年度から苗木を育てていただいています。

若葉小学校   平成22年度から苗木を育てていただいています。
成良中学校   平成22年度から苗木を育てていただいています。
県立尼崎高等学校   平成23年度から苗木を育てていただいています。
株式会社林兼合金鋳工所   平成27年度から苗木を育てていただいています。
三菱スペース・ソフトウェア株式会社   平成28年度から苗木を育てていただいています。
山本工務店   平成28年度から苗木を育てていただいています。

エリア設定型森づくり

中央緑地内に一定のエリアを定め、植樹、除草、間伐等の森づくりに取り組む方々をご紹介します。(平成28年度末時点)

参画団体名

活動開始年度

尼崎信用金庫 平成23年度から
メック株式会社 平成24年度から
県立尼崎高等学校 平成24年度から
環境学園専門学校 平成24年度から
尼崎市立成良中学校 平成24年度から
あまがさき環境オープンカレッジ 平成24年度から
日本山村硝子株式会社 平成25年度から
公益財団法人尼崎地域産業活性化機構 平成25年度から
株式会社香山組 平成25年度から
アマフォレストの会 平成25年度から
AMAFESの森 平成25年度から
コミュニティ事業支援ネット 平成25年度から

お問い合わせ

部署名:阪神南県民センター 尼崎港管理事務所 尼崎21世紀プロジェクト推進室

電話:06-6105-4433

FAX:06-6481-8251

Eメール:ama21@pref.hyogo.lg.jp

尼崎の森中央緑地パークセンター
電話:06-6412-1900
FAX:06-6412-0500