ホーム > 暮らし・教育 > 健康・福祉 > 障害者就労支援 > 障害者就労施設等からの物品等の調達の推進

ここから本文です。

更新日:2017年9月28日

障害者就労施設等からの物品等の調達の推進

国等による障害者就労施設等からの物品等の調達の推進等に関する法律(平成24年法律第50号。以下「障害者優先調達推進法」という。)が平成25年4月1日から施行されています。

県独自の優先発注制度(障害者雇用促進企業等及び障害福祉サーヒ゛ス事業者等からの物品等の調達等に関する取扱方針)

県では、「兵庫県工賃向上計画」で定めた平成28年度の障害者平均工賃目標(月16,000円)の達成を目指し、率先して障害者就労施設等から物品等の調達を行っています。

県の物品又は役務(工事に関係するものを除く。)の調達については、地方自治関係法令で許容される範囲で独自の優先発注制度を制定し、障害福祉サービス事業所、ひょうご障害者ハート購入企業及び障害者雇用促進企業等の受注機会の拡大に配慮した取組を推進しています。

(注)多数障害者雇用企業、多額購入企業又は障害福祉サービス事業所等の皆様が、取扱方針第6の第2項が適用される見積りを徴された(見積り提出の依頼を受けた場合を含む。)場合は、「特例随意契約状況等報告書」により見積もり依頼を行った各契約担当者に必ず報告してください。

「ひょうご障害者ハート購入企業」認定制度について

障害福祉サービス事業所等を利用する障害者の皆さんの工賃向上支援のため、平成25年度から「ひょうご障害者ハート購入企業」認定を推進しています。

兵庫県内の障害者就労施設等から年100万円を超える物品及び役務を調達した企業を知事が「ひょうご障害者ハート購入企業」として認定し、「ひょうご障害者ハート購入企業」には、県が発注する建設工事契約における加点、物品及び役務の調達契約における受注機会の拡大の措置の適用を行っています。

(注)授産商品のインターネット販売サイト「+NUKUMORI(ぷらすぬくもり)を活用し、企業として従業員の方の授産商品の注文を取りまとめ、企業名で購入(企業(内部組織でも可)として会員登録して購入(名称及び住所は当該企業のものとする))された場合、これを「ひょうご障害者ハート購入企業」の認定要件である「100万円超購入」としてカウントできます。

ひょうご障害者ハート購入企業の認定申請等について

インターネットを活用した授産商品の販路拡大等の支援

障害福祉サービス事業所等を利用する障害者の皆さんの工賃向上支援の一環として、県がNPO法人兵庫セルプセンターに運営を委託する授産商品のインターネット販売サイトを平成25年9月に「+NUKUMORI(ぷらすぬくもり)」として全面的にリニューアルしました。

「+NUKUMORI(ぷらすぬくもり)」(外部サイトへリンク)

これを契機として、次に例示する障害者の皆さんへの支援に取り組んでいます。

  • (1)授産商品の販売促進に資する企画の実施
  • (2)販売サイトで配送料無料化の社会実験
  • (3)地域の特産素材を使用した新商品開発
  • (4)「ひょうご障害者ぬくもり応援団」を中心とした授産商品の購入拡大その他の障害者の自立支援 等

産業関係団体、消費関係団体及び福祉関係団体等で構成

(参考)障害福祉サービス事業者等のリスト

主な物品及び役務の例(PDF:97KB)

障害福祉サービス事業者等のリスト(PDF:233KB)

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

部署名:健康福祉部障害福祉局障害者支援課

電話:078-362-3261

FAX:078-362-9040

Eメール:shogaishashien@pref.hyogo.lg.jp