ホーム > 暮らし・教育 > 健康・福祉 > 医療確保 > 平成30年度兵庫県地域医療支援医師の募集について

ここから本文です。

更新日:2017年7月28日

平成30年度兵庫県地域医療支援医師の募集について

兵庫県では、医師の診療科偏在に対応するとともに、地域の医師確保を図るため、県内の公立病院等に勤務する医師を、医師の方のキャリアに応じ、コース別(後期研修医コース・専門研修医コース・地域医療支援医師コース)に兵庫県の正規職員(地域医療支援医師)として採用します。

平成30年度採用の地域医療支援医師を以下の要領で募集しますので、県内での勤務・研修を希望される皆様のご応募をお待ちしています。(募集期間は平成29年9月29日までです)

※ご覧になりたいコース名をクリックしてください(該当箇所に移動します)。

1.後期研修医コース

新医師臨床研修の2年間を修了した方が対象のコースです。

2.専門研修医コース

後期研修を修了した方が対象のコースです。

3.地域医療支援医師コース

県内へき地の医療機関で勤務を希望する方を対象にしたコースです。

1.後期研修医コース

新医師臨床研修の2年間を修了した方が対象のコースです。

応募手続き・募集期間

1.応募資格

医師免許を有し、原則として採用時において卒後2年間の臨床研修を修了した者

2.応募手続き

平成29年9月29日(金曜日)までに、応募書類を持参又は郵送してください。
※随時面接をします。定員に達した場合、応募期間内であっても応募を締め切ることがあります。

(応募書類)

履歴書(写真貼付)(様式1)、志望理由記入表(様式2)、臨床研修歴・勤務歴記入表(様式3)、推薦書(様式4)

医師免許証(写)、卒業証明書、成績証明書

3.書類提出先及び問い合わせ先

兵庫県地域医療支援センター
(兵庫県健康福祉部健康局医務課医療人材確保班)

〒650-8567 神戸市中央区下山手通5-10-1

TEL:(078)362-3606 FAX:(078)362-4267

Eメール:imu@pref.hyogo.lg.jp

研修コース(募集人数は合計2名)

1.小児科医師養成コース

総合的な診療ができる小児科医をめざし、小児救急を含む総合的医療と高度先進医療、新生児医療、外科的手技など、様々な技能を習得するコース

2.産科医師養成コース

周産期医療における外来診療、入院患者管理を通じて、各疾患の診断・治療における更なる知識や技術の習得するコース

3.麻酔科医師養成コース

一般的な手術や救急医療部門における呼吸・循環等の麻酔管理を通じ、各疾患の診断・治療における更なる知識や技術を習得するコース

4.救急医師養成コース

救急医療部門における各疾患の診断・治療及びICUにおける集中管理から総合診療の知識や技術の習得するコース

5.総合診療医師養成コース

総合的な診療における各疾患の診断・治療により、知識や技術の習得を目的としたコース

採用予定時期・研修期間・研修先・選考方法

1.採用予定時期

平成30年4月1日

2.研修期間

採用後4年以内

3.研修先

(1)採用後1年目:県が指定する高度医療機関

(2)採用度2~3年目:県が指定する地域医療機関

(3)採用後4年目:県が特に認める国外・国内の保健医療施設、国内の高度医療を行っている病院

注1.いずれの場合も、県職員の身分を持ったまま、指定された医療機関で勤務する。

注2.勤務期間終了後も県内勤務を希望する場合は、相談に応じる。

4.選考方法

応募書類審査及び面接

身分・勤務・待遇等

1.身分

県正規職員

2.勤務時間

週38時間45分勤務(別途平日及び土・日・祝日の宿日直有)

3.待遇等

(1)給与

派遣先の病院(※)又は県の給与規定に基づき支給(※給与の決定に当たっては県の給与水準との均衡を考慮)

(2)研究・研修費の助成

採用から2年目、3年目は、研究・研修のための経費について実績に応じて助成する。

対象経費:学会・研究会等会費・参加費・参加旅費、専門医受験費用、医学学術データベースアクセス料、医学関係図書購入費等

上限額:50万円/年

(3)宿舎

宿舎の利用が可能(一部自己負担有)

2.専門研修医コース

後期研修を修了した方が対象のコースです。

応募手続き・募集期間

1.応募資格

医師免許を有し、採用時において卒後2年間の臨床研修及びいわゆる後期研修(専攻医研修)を修了した者

2.応募手続き

平成30年9月29日(金曜日)までに、応募書類を持参又は郵送してください。
※随時面接をします。定員に達した場合、応募期間内であっても応募を締め切ることがあります。

(応募書類)

履歴書(写真貼付)(様式1)、志望理由記入表(様式2)、研修歴・勤務歴記入表(様式3)、推薦書(様式4)

医師免許証(写)、卒業証明書、成績証明書

3.書類提出先及び問い合わせ先

兵庫県地域医療支援センター
(兵庫県健康福祉部健康局医務課医療人材確保班)

〒650-8567 神戸市中央区下山手通5-10-1

TEL:(078)362-3606 FAX:(078)362-4267

Eメール:imu@pref.hyogo.lg.jp

募集診療科・募集人数

1.募集診療科

内科、神経内科、循環器内科、外科、心臓血管外科、脳神経外科、小児科、産婦人科、放射線科、病理診断科、救急科、麻酔科、総合診療科等、県が特に必要と認めた診療科

2.募集人数(採用予定人数)

2人

採用予定時期・勤務期間・勤務先・選考方法

1.採用予定時期

平成30年4月1日

2.勤務期間

4年間。ただし、本人の希望があり勤務成績が良好な場合は、さらに4年間継続して勤務できる。

なお、採用期間終了後も県内勤務を希望する場合は、相談に応じる。

3.勤務先

(1)採用後1~2年目:県が指定する公立医療機関等(県内の医師不足地域等において政策医療を担う中核的な病院等)

(2)採用度3~4年目:県が指定する高度医療機関(うち1年間は県外・海外の医療機関も可)

注1.いずれの場合も、県職員の身分を持ったまま、指定された医療機関で勤務する。

注2.4年間終了後、さらに勤務を継続した場合の勤務先も同様。

注3.勤務期間終了後も県内勤務を希望する場合は、相談に応じる。

4.選考方法

応募書類審査及び面接

身分・勤務・待遇等

1.身分

県正規職員

2.勤務時間

週38時間45分勤務(別途平日及び土・日・祝日の宿日直有)

3.待遇等

(1)給与

派遣先の病院(※)又は県の給与規定に基づき支給(※給与の決定に当たっては県の給与水準との均衡を考慮)

(2)研究・研修費の助成

採用から1年目、2年目は、研究・研修のための経費について実績に応じて助成する。

対象経費:学会・研究会等会費・参加費・参加旅費、専門医受験費用、医学学術データベースアクセス料、医学関係図書購入費等

上限額:50万円/年

(3)宿舎

宿舎の利用が可能(一部自己負担有)

3.地域医療支援医師コース

県内へき地の医療機関で勤務を希望する方を対象にしたコース

応募手続き・募集期間

1.応募資格

医師免許を有し、卒後2年間の臨床研修を終了し、かつ医師免許取得後3年目以降の者

2.応募手続き

平成29年9月29日(金曜日)までに、応募書類を持参又は郵送してください。
※随時面接をします。定員に達した場合、応募期間内であっても応募を締め切ることがあります。

(応募書類)

履歴書(写真貼付)(様式1)、志望理由記入表(様式2)、研修歴・勤務歴記入表(様式3)、推薦書(様式4)

医師免許証(写)、卒業証明書、成績証明書

3.書類提出先及び問い合わせ先

兵庫県地域医療支援センター
(兵庫県健康福祉部健康局医務課医療人材確保班)

〒650-8567 神戸市中央区下山手通5-10-1

TEL:(078)362-3606 FAX:(078)362-4267

Eメール:imu@pref.hyogo.lg.jp

募集人数

8人

採用予定時期・勤務期間・勤務先・選考方法

1.採用予定時期

平成30年4月1日

2.勤務期間

1年以上4年までの間。ただし、本人の希望があり勤務成績が良好な場合は、さらに4年間継続して勤務できる。

なお、採用期間終了後も県内勤務を希望する場合は、相談に応じる。

3.勤務先

県内へき地の公立医療機関及び県内へき地医療拠点病院等(下図は、県内へき地医療拠点病院)

へき地医療拠点病院

注1.いずれの場合も、県職員の身分を持ったまま、指定された医療機関で勤務する。

注2.4年間終了後、さらに勤務を継続した場合の勤務先も同様。

注3.勤務期間終了後も県内勤務を希望する場合は、相談に応じる。

4.選考方法

応募書類審査及び面接

身分・勤務・待遇等

1.身分

県正規職員

2.勤務時間

週38時間45分勤務(別途平日及び土・日・祝日の宿日直有)

3.待遇等

(1)給与

派遣先の病院(※)又は県の給与規定に基づき支給(※給与の決定に当たっては県の給与水準との均衡を考慮)

(2)研究・研修費の助成

研究・研修のための経費について実績に応じて助成する。

対象経費:学会・研究会等会費・参加費・参加旅費、専門医受験費用、医学学術データベースアクセス料、医学関係図書購入費等

上限額:50万円/年

※以下の場合、50万円の加算あり(重複不可)

1.県が特に医師確保が必要であると認める病院・診療科に勤務する場合

2.へき地へ移住(都市部・他府県から)する場合

(3)宿舎

宿舎の利用が可能(一部自己負担有)

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

部署名:健康福祉部健康局医務課

電話:078-362-3606

FAX:078-362-4267

Eメール:imu@pref.hyogo.lg.jp