ホーム > 暮らし・教育 > 健康・福祉 > 感染症 > 感染症に関する情報 > 梅毒について

ここから本文です。

更新日:2018年2月21日

梅毒について

梅毒患者が増加しています!

梅毒は性感染症のひとつで、過去には日本でも非常に多く見られた病気です。治療薬の普及などによって患者が減少し、10年ほど前までは「過去の病気」のように思われてきました。
ところが近年、国内での梅毒の感染報告が急激に増加しています。兵庫県でも、平成26年は42人、平成27年は89人、平成28年は183人と、患者報告数が倍増しています。
梅毒は過去の病気ではありません。ひとりひとりが正しい知識を持って予防することが必要です。

梅毒患者数の推移(兵庫県)

梅毒とは

梅毒は、梅毒トレポネーマという病原菌が原因となる感染症です。感染すると全身に様々な症状が出ます。
早期の薬物治療で完治が可能ですが、発見や治療が遅れたり、治療せずに放置したりすると、長期間の経過で脳や心臓に重大な合併症を起こすことがあります。時に無症状になりながら進行するため、治ったことを確認しないで途中で治療をやめてしまわないようにすることが重要です。
また、妊娠している女性が梅毒に感染すると、胎盤をとおして胎児に感染し、死産、早産、新生児死亡、さまざまな障害をおこす(先天梅毒)があるため特に注意が必要です。

症状

第1期(感染後約3週間)

初期には、感染がおきた部位(主に陰部、口唇部、口腔内、肛門等)にしこりができることがあります。また、股の付け根の部分(鼠径部)のリンパ節が腫れることもあります。痛みがないことも多く、治療をしなくても症状は自然に軽快します。しかし、治ったわけではなく、他の人にうつす可能性もあります。

第2期(感染後数ヶ月)

治療をしないで3ヶ月以上を経過すると、病原体が血液によって全身に運ばれ、手のひら、足の裏、体全体にうっすらと赤い発疹が出ることがあります(バラ疹)。発疹は治療をしなくても数週間以内に消えてしまうケースも少なくありません。しかし、治療しない限り、病原体である梅毒トレポネーマは体内に残っており、梅毒が治ったわけではありません。

晩期顕性梅毒(感染後数年)

感染後、数年を経過すると皮膚や筋肉、骨などにゴムのような腫瘍(ゴム腫)が発生することがあります。また、心臓、血管、脳などの複数の臓器に病変が生じ、場合によっては死亡に至ることもあります。

感染を予防するために

主な感染経路は、性行為による感染です。コンドームを正しく使用することで予防の効果がありますが、コンドームが覆わない部分の皮膚や粘膜に梅毒の症状があると感染する可能性があります。
皮膚や粘膜にしこりやただれなどの症状があった場合には、性的接触を控え、早期に医療機関を受診して相談してください。
梅毒に感染していると分かった場合は、パートナーも一緒に検査を行い、必要に応じて一緒に治療を行うことが重要です。

気になるときは必ず検査を受けましょう!

梅毒に感染しているかどうかを症状だけで判断することは難しいため、気になるときは血液検査を受けましょう。
感染直後に抗体検査を行っても陽性反応がでないことがありますので、感染の機会があってから1ヶ月程度の期間をおいてから検査を受けてください。
県健康福祉事務所では、無料・匿名での検査を受けることができます。

 

健康福祉事務所 実施曜日等 受付時間 電話 予約 担当課
芦屋 第2・4金曜日

13時30分~14時00分

0797-32-0707 地域保健課
宝塚 第1・3木曜日

10時00分~11時30分

0797-72-0054 健康管理課
伊丹

第2・4水曜日
8月以降受付中止予定です

9時00分~9時45分

072-785-2371 健康管理課
加古川 第2・4水曜日

9時10分~10時20分

079-422-0002 健康管理課
明石 第2・4木曜日

9時15分~10時15分

078-917-1627 健康管理課
加東 第1・3木曜日

13時30分~14時20分

0795-42-9436 健康管理課
中播磨 第1・3水曜日

9時30分~11時30分

0790-22-1234 地域保健課
龍野 第1・3火曜日

13時00分~14時50分

0791-63-5140 健康管理課
赤穂 第1・3火曜日

13時20分~15時00分

0791-43-2321 地域保健課
豊岡 第2・4火曜日

9時15分~11時15分

0796-26-3660 健康管理課
朝来 第1・3木曜日

13時30分~15時30分

079-672-0555 地域保健課
丹波 第2・4木曜日

13時30分~14時15分

0795-73-3765 健康管理課
洲本 第2・4火曜日

9時30分~11時45分

0799-26-2062 健康管理課

 

医療従事者の皆様へ

梅毒患者が増加しています。
診療の場面では、梅毒の流行を念頭におき、感染が疑われる場合は検査等対応をお願いします。
梅毒を診断された場合は、感染症法に基づき最寄りの健康福祉事務所、保健所への届出をお願いします。
また、梅毒に感染していると、同じく性感染症であるHIVにも感染しやすくなるため、必要に応じてHIV抗体検査の実施も考慮願います。
梅毒の発生届様式(PDF:113KB)

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

部署名:健康福祉部健康局疾病対策課

電話:078-362-3264

FAX:078-362-9474

Eメール:shippeitaisaku@pref.hyogo.lg.jp