ホーム > 暮らし・教育 > 生活 > 税金・公金収納 > 納付、納税証明書等について(Q11ご回答)

ここから本文です。

更新日:2016年6月2日

納付、納税証明書等について(Q11ご回答)

Q. 質問

建設業の許可申請、一般酒類小売業免許申請、入札参加資格審査等のために納税証明書が必要です。どこで発行していますか。また請求には何が必要ですか。

A. 回答

一般用納税証明書は、各県税事務所の管理担当課にて発行しています。

一般用納税証明書の請求には、

  1. 納税証明書交付請求書
    県税事務所窓口に備え付けているほか、兵庫県電子申請共同運営システム(e-ひょうご)(外部サイトへリンク)からダウンロードすることができます。
  2. 印鑑(法人の場合は代表者印)
  3. 運転免許証、健康保険証などの本人確認書類(原本)
  4. 納税証明書の請求日前15日以内に納税された場合は領収証書(原本)
  5. 代理人が請求する場合は、委任状、代理人の本人確認書類(原本)および印鑑
  6. 交付手数料(1通につき400円)

が必要となりますので、ご用意ください。

このFAQでも疑問が解決しない場合は、納税証明書のページをご覧いただくか、または管轄の県税事務所にお問い合わせください。

お問い合わせ

このページは税務課が作成していますが、お問い合わせにつきましては、管轄の県税事務所宛てにお願いします。