ホーム > 県政情報・統計(県政情報) > 広報 > 広報全般 > 兵庫県のふるさと納税 > 神戸ルミナリエの開催応援プロジェクト

ここから本文です。

更新日:2018年6月12日

神戸ルミナリエの開催応援プロジェクト

ふるさとひょうご寄附金で 神戸ルミナリエの開催支援を ! 

 frontone

 ©Kobe Luminarie O.C.  

神戸ルミナリエについて

luminarie201602

 

 

「神戸ルミナリエ」は、阪神・淡路大震災犠牲者への慰霊と鎮魂の意を込めるとともに、都市の復興・再生への夢と希望を託して、大震災の起こった平成7年12月に初めて開催しました。

 

luminarie201603

 

 

 

 

以来、震災の記憶を後世に語り継ぐとともに神戸の希望を象徴する行事として多くの皆様に支えられ、神戸の冬の風物詩として定着し、平成29年は約340万人もの来場者が訪れました。

(写真提供:神戸市)

神戸ルミナリエ開催へのご支援をお願いします

東遊園地

 

                           

 

 

 

 

 

©Kobe Luminarie O.C. 

   

   毎年、各企業様からの協賛金や企業募金、また、個人の方からの募金、ご来場者からの「一人100円」募金など、皆様から多大な

 ご協力を頂き開催しておりますが、収入は減少傾向となっており、財政的に非常に厳しい状況が続いています。

   

 「神戸ルミナリエ」の歩み

  ルミナリエの歩み

 

 

 

  震災から20年を経過して

 100円募金  募金に協力 看板もち 

     ©Kobe Luminarie O.C.            ©Kobe Luminarie O.C.        

  第23回開催である2017年は、犠牲者への永遠の祈りとともに、神戸開港150年、2018年が県政150周年である節目の年であることから電球を40万個(昨年は30万個)とし、この土地が歩んだ歴史を回顧し、ルミナリエの光が希望を灯し、前方に広がる未来を照らせるようにという願いを込め、テーマを「未来への眼差し」とし、開催しました。 

 第24回である2018年は県政150周年となります。神戸ルミナリエをこれからもずっと存続させていくために、多くの皆様からの「ふるさとひょうご寄附金」へのご寄附をお待ちしています。

kensei150

 

 

 

 

 

 

 

 ©Kobe Luminarie O.C.

 

関連メニュー

お問い合わせ

部署名:神戸県民センター 県民交流室

Eメール:kobe_kem@pref.hyogo.lg.jp