ホーム > まちづくり・環境 > 設計・工事 > 制度・基準 > 土木請負工事円滑化ガイドラインについて

更新日:2018年3月30日

ここから本文です。

土木請負工事円滑化ガイドラインについて

策定の目的

設計図書の基本事項や設計図書の変更等に関し、発注者と受注者の認識の一致を図り、土木請負工事を円滑に進めること

適用範囲

平成27年1月27日以降に入札公告又は入札通知を行う県土整備部所管の土木請負工事

(ただし、平成26年10月の土木工事共通仕様書により工事監理をおこなう工事は受発注者で協議し双方合意により適用可能とする。)

土木請負工事円滑化ガイドラインの目次

1.本ガイドライン策定の背景と目的

2.設計図書に対する正しい理解に向けて
(1)設計図書に対する正しい理解の必要性
(2)設計図書の基本事項

3.適切な工程管理に向けて
(1)工期短縮の重要性
(2)工程管理の基本事項
(3)工期短縮へ向けての協働による取組

4.適切な設計変更に向けて
(1)適切な設計変更の重要性
(2)設計変更の基本事項
(3)設計変更の手続きにおける留意点

お問い合わせ

部署名:県土整備部土木局技術企画課

電話:078-362-9247

FAX:078-362-4433

Eメール:kendo_gijyutsu@pref.hyogo.lg.jp