ホーム > まちづくり・環境 > 道路・港湾・河川 > 計画・取組(道路整備) > 「ひょうご基幹道路のあり方」について

ここから本文です。

更新日:2018年4月12日

「ひょうご基幹道路のあり方」について

人口減少社会においても、地域の活力を維持し、地域創生を実現していくためには、「地域産業の活性化」や「交流の拡大」、「緊急輸送の確保」、「交通安全の向上」など、幅広い役割を担う基幹道路ネットワークが、これまで以上に重要な役割を担うことになります。

このため、本県では、今後の基幹道路ネットワークについて、学識者、道路利用者、行政による「ひょうご基幹道路あり方検討委員会」を設置し、幅広い議論、検討を行いました。

また、市町・道路利用者ヒアリングやパブリック・コメントの結果などを踏まえて、このたび、2050年(概ね30年後)の基幹道路ネットワークの目指すべき姿と基幹道路の有効活用や機能強化などの留意事項を「ひょうご基幹道路のあり方」としてとりまとめました。

「ひょうご基幹道路のあり方」概要版(PDF:232KB)

「ひょうご基幹道路のあり方」本編(PDF:3,330KB)

委員会での検討状況

委員会規約

委員会開催状況

パブリックコメントの実施結果について

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

部署名:県土整備部土木局道路企画課

電話:078-362-3519

FAX:078-362-3948

Eメール:dourokikaku@pref.hyogo.lg.jp