ホーム > 食・農林水産 > 楽農生活 > 体験・学習 > ひょうご農林水産業体験学習実践事例集

ここから本文です。

更新日:2013年3月5日

ひょうご農林水産業体験学習実践事例集

兵庫県では、関係団体や兵庫県教育研究会社会部会と連携して、次代を担う子どもたちが、兵庫県の農林水産業を総合的に学び、自らの衣食住の生活と深く結びつくことを理解できるよう、理解促進に資する活動を行っています。

このたび、活動の一環として、県下の小学校における農林水産業をテーマとした体験学習の実践事例(計20件)を取りまとめたものを作成しましたのでご活用ください。

概要

  • (仕様)A4版、オールカラー
  • (配布方法)電子版(PDFファイル)を添付資料に掲載しています。

また、このことを各市町の教育委員会及びすべての公立小学校(783校)へチラシ(添付資料に掲載)により周知しています。

作成の目的

子どもたちの農林水産業・農山漁村体験は、農林水産業への理解や関心を深めさせるだけでなく、食や食生活にも興味をもたせたり、様々な人たちと出会い、交流していくなかで人間関係を構築する力を身につけ、人間性を向上させたりするのにも大きな効果を及ぼす取組です。

兵庫県では、全国に先駆け、小学生を対象とした「環境体験事業」など、児童生徒の発達段階に応じた体験教育を実施しているところです。このような体験学習のなかで農林水産業・農山漁村がもつ教育的機能を活用した取組も実施されています。

今後、この事例集を参考に、多くの学校において農林水産業体験学習が実践され、子どもたちの豊かな心がはぐくまれ、農林水産業への理解が深まることを期待します。

作成者

  • 農林水産業副読本作成委員会
  • (構成)兵庫県・兵庫県教育委員会・兵庫県小学校教育研究会社会科部会
  • 兵庫県農業協同組合中央会・兵庫県森林組合連合会
  • 兵庫県漁業協同組合連合会

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

部署名:農政環境部農政企画局総合農政課

電話:078-362-9193

FAX:078-362-4458

Eメール:sougounousei@pref.hyogo.lg.jp