ホーム > 県政情報・統計(県政情報) > 知事のページ > 知事定例記者会見(令和2年) > 新型コロナウイルス感染症対策にかかる知事記者会見(2020年12月25日(金曜日))

ここから本文です。

知事のページ

更新日:2020年12月25日

新型コロナウイルス感染症対策にかかる知事記者会見(2020年12月25日(金曜日))

  1.  精神科病院における感染予防対策の徹底
  2.  Go To Eatの利用自粛

動画

知事会見を動画で見る(約14分)(外部サイトへリンク)

知事記者会見内容

 資料に沿って説明

質疑応答

記者:

 今日、232人という初の200人台を数えたことについて。知事の受け止めを改めてお願いします。

 

知事:

 少し、数の増え方が急激です。3日前(12月22日)が190人、一昨日(23日)が169人、昨日(24日)が152人、今日(25日)が232人。この4日間でも、かなり大きな塊、新規陽性患者が生じています。年末年始を控えて、しっかりと県民にも呼びかけますし、クラスター化しやすい医療機関や、高齢者福祉施設の皆さんにも注意喚起を行って徹底をしてもらう必要がある。最多の200人台を記録したということもあるので、あえて、急遽、新たな対策を皆さんに発表することで、徹底を図ろうとするものです。
 特に精神科病院、精神科の患者さんたちへ「マスクをしてください」、という指導をしたとしても、なかなか聞き分けてはもらいにくいので、一度クラスター化すると、多くの罹患者が出るという事情があります。すでに感染管理認定看護師さん等の研修指導は、10精神科病院には行われたのですが、まだ行われていなかった東加古川病院で(クラスターが)発生してしまったので、できるだけ急いで研修指導を行いたい、と考えたものです。
 これはお願いですが、精神科病院に入院中の患者さんたちなので、現地取材をされると、患者さんたちに不安感をもたらし、色々な予想されない(ことが起こる)状況も考えられますので、できるだけ控えてもらいたいと思います。質問項目等は、県の方に寄せてもらえれば、きちんと繋いで回答します。これは、お願いしにくい事項ではありますが、患者さんのために、ぜひ協力をお願いしたいと思います。

 

記者:

 今回、東加古川病院がかなりの数ということもありますが、今日の232人は、東加古川病院だけではなく、増えていると感じます。年末年始に向けて、昨日より、さらに踏み込んで呼びかけるようなことがあればお願いします。

 

知事:

 不要不急の外出をぜひ抑制してもらいたい。特に県を跨ぐような、不要不急の外出はぜひ自粛してもらいたい、ということで皆さんにお願いします。

 

記者:

 感染拡大地域からの県跨ぎの帰省(の自粛)などを、昨日、言われていました。県内の感染が非常に多い地域と、非常に少ない地域がありますが、どのようにお考えですか。

 

知事:

 現実にクラスター化している施設は、かなり特定されています。感染拡大地域との往来自粛をお願いしているのとは、レベルは違うかと思いますが、できれば控えてもらう方が望ましい、と思います。そのあたりは、事情がそれぞれであると思いますので、控えてもらうことが望ましいが、事情で、例えば、但馬に行かなければならないケースは、あり得るのではないか、と思っています。

 

記者:

 京都府でもかなり強いメッセージがあり、危機感が高まっているようです。よく言われる営業時間の短縮については、今は、考えていないかとは思いますが、どういう状態になれば要請するのでしょうか。

 

知事:

 地域クラスターが発生する状況が出てくれば、その地域を中心に検討していかざるを得ないのではないか、と思います。現状は、ご指摘のように、そこまでには至っていません。昨日の記者会見でも、(大阪府が時短営業を要請したことによる兵庫県への)「滲み出し」について、そのような傾向はない、と説明したとおりです。

 

記者:

 「地域クラスター」という表現がよくありますが、どういう状態になると、そういう対策が必要になるのでしょうか。

 

知事:

 一定の地域の中で、次々と、感染源になっている飲食店が出てくる、という状況だと思っています。

 

記者:

 県内の全精神科病院において、感染管理認定看護師等を派遣する取り組みですが、もともと、これは予定されていたものだったのでしょうか。

 

知事:

 先日(12月10日)の対処方針の中で説明したとおり、感染する可能性があるところに(感染管理認定看護師等を)派遣して、適切に対応する方向を決めました。もうすでに順番に実施していますが、東加古川病院までは順番が回ってきていませんでした。

 

記者:

 精神科病院などについては優先順位を上げる、という理解でよいのでしょうか。

 

知事:

 精神科病院をまずは重点的に回ってもらい、その後、高齢者福祉施設などの社会福祉施設に回ってもらう、ということになると思います。

 

記者:

 今日、淡路島の3市が、島内に出入りをしないでほしい、神戸から来ないでほしい、と言ったと聞いています。共同で緊急声明を出した、という話があるのですが、どうお考えですか。これからこのようなケースが出てくるかもしれません。

 

知事:

 地域的に自分のところだけが良ければよい、という印象を与えるのだとすると、いかがかなとは思いますが、それだけ危機意識を持っていただいているという表れです。その危機意識をしっかりと持ちながら、対応してもらうことが基本ではないか、と思います。

 

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

部署名:企画県民部知事公室広報戦略課

電話:078-362-3020

FAX:078-362-3903

Eメール:kouhouka1@pref.hyogo.lg.jp