ホーム > 暮らし・教育 > 健康・福祉 > 社会福祉・生活支援 > 生活保護法及び中国残留邦人等支援法による医療・介護機関の指定申請について

ここから本文です。

更新日:2019年5月8日

生活保護法及び中国残留邦人等支援法による医療・介護機関の指定申請について

生活保護法及び中国残留邦人等支援法による指定申請及び各届出について

医療扶助、介護扶助及び医療支援給付、介護支援給付の給付は、原則として生活保護法及び中国残留邦人等支援法により指定した指定医療機関、指定介護機関に診療、介護サービスを依頼します。この指定については、医療機関、介護機関の開設者(施術者・助産師は本人)の申請を受けて、都道府県知事、政令市長、中核市長が行います。

申請先と提出先

医療機関・

介護機関の所在地

指定の申請先(宛名)

申請書の提出先

神戸市 神戸市長 神戸市各区役所
姫路市・尼崎市・西宮市・明石市

姫路市長・尼崎市長・西宮市長・明石市長

姫路市生活援護室・尼崎市南部保健福祉センター保健福祉管理課・西宮市厚生第1課・明石市生活福祉課
上記以外の市 兵庫県知事 所在地の市福祉事務所
(市でとりまとめをしています)
郡部 所在地の県健康福祉事務所(生活福祉課など)

申請書様式のダウンロード

下記の関連資料から申請書様式がダウンロードできます。

生活保護法の一部改正に伴う指定機関制度の見直しについて

平成26年7月1日に生活保護法が一部改正(以下、「改正法」という。)されたことに伴い、生活保護法の指定機関制度が変わりました。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

部署名:健康福祉部社会福祉局生活支援課

電話:078-362-3184

FAX:078-362-4262

Eメール:sekatsushien@pref.hyogo.lg.jp