ホーム > 暮らし・教育 > 健康・福祉 > その他健康・福祉 > 音楽療法について

ここから本文です。

更新日:2019年7月2日

音楽療法について

音楽療法とは、音楽の持つ、生理的、心理的、社会的働きを、心身の障害の軽減回復、機能の維持改善、生活の質の向上、問題となる行動の変容に向けて、治療者が意図的、計画的に活用して行う行為です。わが国においては、1960年代後半から導入され、

  • 精神障害への心理療法やリハビリテーション
  • 神経症や心身症などに対する心理療法的音楽療法
  • 障害児に対する発達療法的音楽療法
  • 認知症等の高齢者に対する音楽療法
  • ターミナルケアにおける音楽療法

などが行われています。

兵庫県では、音楽療法の人材養成と普及推進に取り組んでいます。

音楽療法士認定制度について

兵庫県では、県独自の専門的人材として、「兵庫県音楽療法士」の養成・認定を行っています。

平成11年度から音楽療法講座を開設し、平成13年度から、毎年15~30名程度「兵庫県音楽療法士」を認定しています。

20時間の基礎講座、約250時間の専門講座を修了後、6ヶ月間の実践経験を経て、認定審査に合格した方を「兵庫県音楽療法士」として認定します。

更に、認定の5年後に、日本音楽療法学会の暫定認定制度と同等レベルの活動経験を条件とした更新制度を設けています。

〈基礎講座及び専門講座は、(公財)ひょうご震災記念21世紀研究機構が、兵庫県と共催で実施する「ひょうごヒューマンケアカレッジ」事業により開催しています。〉

 

兵庫県音楽療法士の状況

認定状況

平成13年度から平成30年度までの間に、391名(うち男性5名)の方が兵庫県音楽療法士の認定を受けました。

<認定年度別>

年度

平成13

平成14

平成15

平成16

平成17

平成18

平成19

平成20

平成21

平成22

平成23

平成24

平成25

平成26

平成27

平成28

平成29

平成30

人数(名)

(うち男性)

27

45

31

27

24

25

21

17

20

(2)

22

20

22

14

(1)

17

20

(1)

13

(1)

14

 

12

391

(5)

活動状況

兵庫県音楽療法士は、県内の医療・福祉施設等で活躍されています。

兵庫県音楽療法士の活動状況(平成30年度実施調査の結果)(PDF:68KB)

※令和元年度活動状況調査の実施について(兵庫県音楽療法士の方向け)

 

平成31(2019)年度音楽療法普及・定着強化事業について

兵庫県では、音楽療法を実施する医療・福祉施設に対する補助制度を実施しています。
平成30年度までにのべ896施設(※)が補助を受け、音楽療法を実施しました。
補助の内容については添付のチラシをご覧ください。

音楽療法を活用してみませんか?(音楽療法普及・定着強化事業のご案内)(PDF:218KB)

施設数はお試し体験事業を合わせた延べ数

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

部署名:健康福祉部健康局医務課 医療人材確保班

電話:078-341-7711

内線:3259

FAX:078-362-4267

Eメール:imu@pref.hyogo.lg.jp