ホーム > 暮らし・教育 > 健康・福祉 > 医療・保健衛生 > 災害医療について

ここから本文です。

更新日:2019年7月11日

災害医療について

主な災害医療政策

広域災害・救急医療情報システムの運営

「災害救急医療情報指令センター」を県災害医療センター内に設置するとともに、医療機関等関係機関に端末を配置し、災害時における医療機関の診療の可否、患者受入可能数等救急医療情報の収集・提供を行う広域災害・救急医療情報システムを運営しています。

【医療機関向け】災害発生時の広域災害・救急医療情報システム(EMIS)入力手順マニュアル(1.01版)(ワード:3,430KB)

災害拠点病院の整備

基幹災害拠点病院(県災害医療センター・神戸赤十字病院)を含め18災害拠点病院により、災害医療圏域単位の災害救急医療体制を整備しています。

<災害拠点病院の指定状況>(令和元年7月1日現在)

災害医療圏域

災害拠点病院名

神戸

兵庫県災害医療センター・神戸赤十字病院(基幹災害拠点病院)

神戸大学医学部附属病院、神戸市立医療センター中央市民病院

阪神南

県立尼崎総合医療センター、兵庫医科大学病院、県立西宮病院

阪神北

宝塚市立病院

東播磨

県立加古川医療センター

北播磨

西脇市立西脇病院

中播磨

県立姫路循環器病センター、姫路赤十字病院

独立行政法人国立病院機構姫路医療センター

西播磨

赤穂市民病院

但馬

公立豊岡病院、公立八鹿病院

丹波

県立丹波医療センター

淡路

県立淡路医療センター

災害医療コーディネーター研修の実施

災害医療及び救急医療に関する人材養成を図るため、県災害医療センターにおいて医療従事者に対し研修・訓練等を実施しています。

関係通知

令和元年

【医療機関向け】災害発生時の広域災害・救急医療情報システム(EMIS)入力手順マニュアル(1.01版)(PDF:3,065KB)

(調査)病院の非常電源の確保及び点検状況の調査のフォローアップについて(ZIP:149KB)

(調査)大規模災害発生時における人工透析医療の確保について(ZIP:87KB)

平成30年

災害拠点病院指定要件の一部改正及び医療機関の平時からの協定締結の必要性について(PDF:221KB)

病院の業務継続計画(BCP)の策定状況等の調査について(ZIP:85KB)

台風24号により被災した医療施設等に係る災害復旧費補助金の活用意向の調査について(ZIP:1,280KB)

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

部署名:健康福祉部健康局医務課

電話:078-362-4351

FAX:078-362-4267

Eメール:imu@pref.hyogo.lg.jp