ホーム > 暮らし・教育 > 健康・福祉 > 医療・保健衛生 > 肝炎治療医療費助成申請にかかる診断書を記載する医師について

ここから本文です。

更新日:2018年10月15日

肝炎治療医療費助成申請にかかる診断書を記載する医師について

本県では平成22年4月の肝炎治療特別促進事業の制度改正に併せて診断書を記載する医師の要件についての変更を行い、下記のとおりとしています。

今後、国の制度等の動向を注視しつつ、本県においては、当面この運用を維持することとしておりますので、ご理解、ご協力いただきますようお願いいたします。

診断書を記載する医師

下記の要件を満たし、県に登録した医師(制度については関連資料「肝炎治療医療費助成申請に係る診断書を記載する医師について」をご参照ください)

【診断書を記載する要件を満たす医師名簿】本ページ下部「関連資料」に掲載しています

【日本肝臓学会肝臓専門医一覧(外部サイトへリンク)】(社団法人日本肝臓学会ホームページ)

日本肝臓学会認定肝臓専門医については要件を満たすものとし、診断書を記載いただけます。

新規登録の要件

次のすべての要件を満たすこと。

  1. 医師免許取得後5年以上であること
  2. 直近1年以内に、病診連携を含めてウイルス性肝疾患に対する抗ウイルス治療に携わっていること。
  3. 兵庫県肝疾患診療連携拠点病院の実施する医師を対象とした県が指定した研修会(注)に、直近1年以内に1回以上参加していること。
  4. 以下の協力義務に対応すること
    1. 国・県が実施する肝炎対策事業(治療結果報告等)に協力すること
    2. 県の広報(ホームページ等)への公表を承諾すること
    3. 県・拠点病院からの肝炎に関する情報を受信し、把握共有すること
    4. 肝炎患者への診療、説明、医療費助成手続きに関しては、遅滞なく行うこと

更新登録の要件

次のすべての要件を満たすこと。

  1. 引き続き病診連携を含めてウイルス性肝疾患に対する抗ウイルス治療に携わっていること。
  2. 登録日(登録期間が更新されている場合は直近の更新日)以降、1名以上の患者の診断書を記載し助成が認められていること、または他の医療機関で助成が認められた患者の当該助成に関する治療に携わっていること。
  3. 登録年度(登録期間が更新されている場合は直近の更新年度)以降、3回以上兵庫県肝疾患診療連携拠点病院の実施する医師を対象とした県が指定した研修会(注)に参加していること。ただし、登録年月日以降の研修会に限る。
  4. 協力義務に対応した実績を有すること

    (注)研修会については、開始から終了まで受講していただく必要があります。

登録申請の方法

  1. 新規登録の方法
    登録申請書(様式1号)に必要事項を記入の上、下記申請先へ郵送してください。
    登録期間は、新規登録後3回目に到来する3月31日までとなります。(例:平成30年6月1日から2021年3月31日まで)
  2. 更新の方法
    更新の要件を満たす場合は、登録期間の終了前の1年間に申請を受け付け、登録期間を更新することができます。
    更新申請書(様式第2号)に必要事項を記入の上、下記申請先へ郵送してください。
    社団法人日本肝臓学会認定肝臓専門医については、要件を満たすものとしますので、申請は不要です。

県が指定する研修(医師対象)

  1. 申込方法
    研修参加申込書(下記開催予定に添付)を下記申込先あてFAX(078-362-9474)でお送り下さい。定員になり次第、締め切ります。参加いただけない場合のみ、ご連絡します。(参加受付の通知はいたしません。)
  2. ご注意
    フォーラム開始から終了まで受講されない場合、「診断書を記載する医師の要件に関する研修」としては参加となりません。急患対応等その理由にかかわらず同じ取扱いとなります。
平成30年度兵庫肝疾患診療連携フォーラムの開催予定

 

日時・場所

内容

第1回

日時:平成30年6月30日(土曜日)14時~16時30分

場所:ラッセホール2階「ローズサルーン」

(神戸市中央区中山手通4-10-8)

定員:250名

チラシ(PDF:6,606KB)

こちらの研修は終了しました

参加者名簿(PDF:135KB)

【総合司会】兵庫医科大学病院 肝疾患センター長 西口 修平 先生

【一般演題】「兵庫県における肝炎医療費助成制度」

兵庫医科大学 内科学 肝・胆・膵科 准教授 榎本 平之 先生

【特別講演1】「B型肝炎~一般臨床で知っておくべき基礎知識~」

埼玉医科大学 消化器内科・肝臓内科 教授 持田 智 先生

【特別講演2】「肝硬変診療のニューウェーブ」

大阪府立病院機構 大阪国際がんセンター

副院長・臨床研究センター長 片山 和宏 先生

第2回

日時:平成30年9月8日(土曜日)14時~16時30分

場所:兵庫医科大学 平成記念会館

(西宮市武庫川町1-1)

定員:250名

チラシ(PDF:4,140KB)

こちらの研修は終了しました

参加者名簿(PDF:204KB)

【総合司会】 兵庫医科大学病院 肝疾患センター長 西口 修平 先生

【一般演題】 「兵庫県における肝炎医療費助成制度」

兵庫医科大学 内科学 肝胆膵科 助教 坂井 良行 先生

【特別講演1】「これからの肝炎・肝硬変対策は多職種協働が鍵

~薬物治療から運動療法まで~」

佐賀大学医学部附属病院 肝疾患センター

特任教授 江口 有一郎 先生

【特別講演2】「ポストC型肝炎を見据えた肝炎診療の現状と展望」

名古屋市立大学大学院医学研究科 病態医学講座

肝疾患センター 教授 田中 靖人 先生

第3回

日時:平成30年10月6日(土曜日)15時~17時30分

場所:姫路・西はりま地場産業センター

(姫路市南駅前町123)

定員:180名

チラシ(PDF:1,212KB)

こちらの研修は終了しました

参加者名簿(PDF:195KB)

 【一般演題】 「兵庫県における肝炎医療費助成制度」

兵庫医科大学 内科学 肝胆膵科 助教 高嶋 智之 先生

【特別講演1】座長:姫路赤十字病院 副院長 奥新 浩晃 先生

「ウイルス性肝炎の最新治療と疾患啓発活動」

香川県立中央病院 院長補佐 高口 浩一 先生

【特別講演2】座長:兵庫医科大学病院 肝疾患センター長 西口 修平先生

「肝性脳症を含めた肝硬変合併症治療の進歩」

日本赤十字社 武蔵野赤十字病院 院長 泉 並木 先生

第4回

日時:平成31年2月28日(木曜日)19時~21時30分

場所:ラッセホール2階「ローズサルーン」

(神戸市中央区中山手通4-10-8)

定員:250名

 ※こちらの研修は現在受付を行っておりません

【一般演題】

未定

【特別講演】

未定

<参考>

登録申請、研修申込、問い合わせ先

〒650-8567 神戸市中央区下山手通5-10-1

兵庫県健康福祉部健康局疾病対策課 がん・難病対策班

TEL:078-341-7711(代表)内線3218

FAX:078-362-9474

インターフェロン治療効果に関する研究

本県が参加した、厚生労働省の「肝炎に関する全国規模のデータベースを用いた肝炎治療の評価及び肝炎医療の水準の向上に資する研究(平成21年度~平成27年度)」の最終の解析結果が公表されました。

インターフェロン療法に対する医療費助成を受けた方を対象に、診断書を発行した医療機関の協力のもと治療経過および結果について収集し、研究班においてデータベース化等が行われています。

集計表(全国)平成28年3月31日最終版(エクセル:298KB)

集計表(兵庫県)平成28年3月31日最終版(エクセル:258KB)

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

部署名:健康福祉部健康局疾病対策課

電話:078-362-3202

FAX:078-362-9474

Eメール:shippeitaisaku@pref.hyogo.lg.jp