ホーム > 暮らし・教育 > 健康・福祉 > 医薬品・医療機器等の製造・販売 > 個人輸入(医薬品・健康食品)の注意喚起について

ここから本文です。

更新日:2016年11月4日

個人輸入(医薬品・健康食品)の注意喚起について

「MDクリニックダイエット」、「ホスピタルダイエット」などと称されるタイ製のやせ薬に対する注意喚起について

医薬品の個人輸入 ご注意!!

ダイエット目的の処方薬として個人輸入されていることが疑われる「MDクリニックダイエット」、「ホスピタルダイエット」などと称される製品については、次のとおり医薬品成分が検出されており、複数の都道府県から健康被害の事例が公表されております。

当該品は、購入希望者がインターネットのホームページ等を利用して、身長、体重等を知らせ、海外の病院が処方したものを購入するダイエット薬とされており、主に個人輸入により入手されてます。なお、これらの製品には向精神薬が含有されている場合があり、そのような製品についてはインターネット等により注文する個人輸入であっても、麻薬及び向精神薬取締法で禁じられております。

 

○「MDクリニックダイエット」と称される製品(平成23年7月7日 東京都発表)

○「MDクリニックダイエット」と称して販売されているもの(平成23年6月15日 埼玉県発表)

○「MDクリニックダイエット」と称して販売されているもの(平成22年12月13日 藤沢市発表)

○不明(「MDクリニックダイエット」と称して販売されているもの)(平成21年10月23日 東京都発表)

○ホスピタルダイエット(平成21年10月 東京大学法医学教室)

○MDクリニックダイエット(平成21年9月16日 前橋市発表)

○不明(平成20年3月11日 京都府発表)

○不明(「ホスピタルダイエット」などと称して販売されているもの)(平成19年11月21日 横浜市発表)

○MDクリニックダイエット(平成19年6月1日 名古屋市発表)

○ヤンヒーダイエット(平成18年6月1日 宮城県発表)

○ヤンヒーホスピタルダイエット(平成17年9月21日及び10月6日 目黒区発表)

○不明(平成17年9月1日 神奈川県発表)

○「ホスピタルダイエット」又は「ドクターダイエット」と称して販売されたもの(平成15年9月1日 広島県発表)

○「ホスピタルダイエット」及び「ニューホスピ」と称して販売されたもの(平成15年8月21日及び11月12日 兵庫県発表)

○ホスピタルダイエット 3a5(平成14年12月27日、平成15年1月27日及び5月27日 香川県発表)

 

詳しくは、厚生労働省のホームページ「「ホスピタルダイエット」などと称されるタイ製の向精神薬等を含有する無承認無許可医薬品による健康被害事例について」(外部サイトへリンク)を御確認下さい。

 

県民の皆さんへ

健康被害が発生するおそれがあるため、このような製品を入手して服用しないで下さい。また、服用により体調異常が現れた場合には、直ちに服用を中止し、医療機関へ受診するとともに、最寄りの健康福祉事務所(保健所)にご相談ください。

相談受付窓口 電話番号 相談受付窓口 電話番号
芦屋健康福祉事務所 0797-32-0707 豊岡健康福祉事務所 0796-26-3666
宝塚健康福祉事務所 0797-62-7314 朝来健康福祉事務所 079-672-6872
伊丹健康福祉事務所 072-785-7463 丹波健康福祉事務所 0795-73-3771
加古川健康福祉事務所 079-422-0184 洲本健康福祉事務所 0799-26-2068
明石健康福祉事務所 078-917-1623 神戸市保健所 078-322-6796
加東健康福祉事務所 0795-42-9372 姫路市保健所 079-289-1631
中播磨健康福祉事務所 0790-22-1234 尼崎市保健所 06-4869-3010
龍野健康福祉事務所 0791-63-5683 西宮市保健所 0798-26-3775
赤穂健康福祉事務所 0791-43-2937    

医薬品の個人輸入について

医薬品の輸入は、不正に国内に流入することを未然に防止し、また、国民の保健衛生上の危害観点から、薬事法や関税法の規制を受けます。
一般の個人が輸入(個人輸入)できるのは、自分自身で使用する場合に限られており、個人輸入した医薬品などを、ほかの人に売ったり、譲ったりすることは認められません。詳しくは、厚生労働省のホームページ「医薬品等を海外から購入しようとされる方へ」(外部サイトへリンク)を御確認下さい。
医薬品などを、海外から購入する場合には、次のような危険性があります
○日本の薬事法に基づく品質・有効性・安全性の確認がなされていません。
○検出された医薬品成分の含有量は、必ずしも均一でなく、いちどに摂取すると健康被害を生じるおそれがある量が含まれている場合があります。
○不衛生な場所や方法で製造されたものであるおそれがあり、有害な不純物等が含まれている可能性が否定できません。
○報告されている健康被害については、検出された医薬品成分のみによるものとは限らず、そうした不純物等が関係している可能性もあります。
○虚偽または誇大な効能・効果、安全性などを掲げている場合があります。
○正規のメーカー品を偽った、偽造製品かもしれません。

健康食品の海外からの購入について

健康食品と呼ばれるものについては、法律上の定義は無く、広く健康の保持増進に資する食品として販売・利用されるもの全般を指しているものです。健康食品の中には、医薬品成分が含まれる製品(無承認無許可医薬品)があります。含まれる成分の量や種類によっては、重大な健康被害を受ける可能性があります。無承認無許可医薬品をはじめ、最新の健康食品被害情報については、厚生労働省ホームページの「健康被害情報・無承認無許可医薬品情報」(外部サイトへリンク)を御確認下さい。

購入するときの注意
 ○販売などが禁止されているものに該当しないか、よく確認する。
○摂取して短期間で効いてくる、病気状態が改善されるなどの虚偽、誇大とみられる表示がなされていないか、よく確認する。
○外国で健康食品(サプリメントを含む)として販売されているものであっても、医薬品成分が含まれていたり、医薬品的な効き目(効能または効果)が標ぼうされていないか、よく確認する。


当県での医薬品成分が含まれる健康食品(無承認無許可医薬品)の健康被害情報

○平成23年6月30日発表
商品名:減肥珈琲 Slimming COFFEE
原産国:ブラジル
形状:紙箱(1袋10g、1箱に10袋入り)
検出された医薬品成分:シブトラミン

○平成21年1月30日発表
商品名:あみ仕康脂肪燃しょう弾(SUPER BURNING SLIM 脂肪燃しょう弾)
原産国:中国
形状:カプセル
検出された医薬品成分:シブトラミン、フェノールフタレイン

お問い合わせ

部署名:健康福祉部健康局薬務課

電話:078-362-3269

FAX:078-362-4713

Eメール:yakumuka@pref.hyogo.lg.jp