ホーム > 県政情報・統計(統計) > 物価・家計・くらし統計 > 消費者物価指数 > 神戸市の消費者物価指数

ここから本文です。

更新日:2018年4月20日

神戸市の消費者物価指数

神戸市の消費者物価指数

平成30年3月神戸市消費者物価指数

総合

  • 指数100.9
  • 前月比-0.3%
  • 前年同月比+1.1%

生鮮食品を除く総合

  • 指数100.5
  • 前月比0.0%
  • 前年同月比+0.5%

生鮮食品及びエネルギーを除く総合

  • 指数100.9
  • 前月比0.0%
  • 前年同月比+0.3%

【総務省が公表内容を変更したことに伴い、平成29年3月3日公表分より、従来の「食料(酒類を除く)及びエネルギーを除く総合」から「生鮮食品及びエネルギーを除く総合」に指数を変更しています。】

1.概況

  1. 平成30年3月の神戸市消費者物価指数は、平成27年を100とした総合指数で100.9となり、前月比は0.3%の下落、前年同月比は1.1%の上昇となった。
  2. 平成30年3月の生鮮食品を除く総合指数は100.5となり、前月比は変わらず、前年同月比は0.5%の上昇となった。(平成29年6月以降10ヶ月連続で前年同月比上昇)
  3. 平成30年3月の生鮮食品及びエネルギーを除く総合指数は100.9となり、前月比は変わらず、前年同月比は0.3%の上昇となった。

2.前月からの動き

前月からの動きを見ると、衣料などの上昇により「被服及び履物」が1.0%、交通などの上昇により「交通・通信」が0.3%、医薬品・健康保持用摂取品などの上昇により「保健医療」が0.3%、電気代などの上昇により「光熱・水道」が0.2%、教養娯楽用品などの上昇により「教養娯楽」が0.1%上昇した。

しかしながら、野菜・海藻などの下落により「食料」が1.3%、家庭用耐久財などの下落により「家具・家事用品」が1.2%、設備修繕・維持などの下落により「住居」が0.1%下落した結果、総合指数では0.3%の下落となった。

値上がりした主なもの

衣料(+2.2%)・・・婦人用スラックス(秋冬物)
交通(+1.2%)・・・航空運賃

値下がりした主なもの

野菜・海藻(△8.0%)・・・生鮮野菜(ほうれんそう、レタス)
家庭用耐久財(△2.3%)・・・電気冷蔵庫

3.前年からの動き

また、前年同月比は、「食料」、「交通・通信」、「光熱・水道」、「保健医療」、「諸雑費」、「教育」、「住居」がそれぞれ上昇、「被服及び履物」、「家具・家事用品」がそれぞれ下落した結果、総合指数では1.1%の上昇となった。

値上がりした主なもの

野菜・海藻(+12.4%)・・・生鮮野菜(キャベツ、レタス)
自動車等関係費(+2.3%)・・・ガソリン

値下がりした主なもの

シャツ・セーター・下着類(△16.6%)・・・婦人用セーター(長袖)
寝具類(△6.4%)・・・ベッド

 

4.平成29年度平均

1.概況
平成29年度平均の神戸市消費者物価指数は、平成27年を100とした総合指数は100.8となり、前年度比0.6%の上昇、生鮮食品を除く総合指数は100.6となり、前年度比0.5%の上昇、生鮮食品及びエネルギーを除く総合指数は101.0となり、前年度比0.2%の上昇となった。

2.前年からの動き
項目別に見ると、家庭用耐久財などの下落により「家具・家事用品」が1.6%、シャツ・セーター・下着類などの下落により「被服及び履物」が1.1%、設備修繕・維持などの下落により「住居」が0.2%、教養娯楽用耐久財などの下落により「教養娯楽」が0.1%下落した一方で、肉類などの上昇により「食料」が1.6%、電気代などの上昇により「光熱・水道」が3.1%、保健医療サービスなどの上昇により「保健医療」が1.0%、授業料等などの上昇により「教育」が1.1%、自動車等関係費などの上昇により「交通・通信」が0.2%、他の諸雑費などの上昇により「諸雑費」が0.3%上昇した結果、総合指数では0.6%の上昇となった。

次回のご案内

次回の公表(平成30年4月分確報)は、5月18日(金曜日)午前9時の予定です。

 

【平成28年8月から基準年を平成22年(2010年)から平成27年(2015年)に変更しています。】

 

 

お問い合わせ

部署名:企画県民部ビジョン局統計課

電話:078-362-4125

FAX:078-362-4131

Eメール:toukeika@pref.hyogo.lg.jp