更新日:2024年4月10日

ここから本文です。

ひょうごボランティア被災地応援プロジェクト

知事メッセージ

令和6年能登半島地震により被災地においてお亡くなりになった方々のご冥福をお祈りするとともに、被害に遭われた方々に心よりお見舞いを申し上げます。
被災された方々が平穏な暮らしを1日でも早く取り戻していただけるよう、阪神・淡路大震災で培った経験を活かしながら、県内のボランティアの方々とも心を一つに、オール兵庫で被災地を支援していきます。
被災地へ駆けつけたい、直接行くことはできないけれどボランティアを支えたいという県民の皆さまのその熱い思いを迅速に被災地へ届けます。
皆さまのご理解とご協力を、よろしくお願いいたします。

兵庫県知事 齋藤 元彦

被災地の様子

珠洲市現地連絡所からの現状報告などを通して、被災地の情報収集を行っています。

避難所の様子

津波被害の様子

地震により倒壊した建物

兵庫県社会福祉協議会被災地派遣先遣隊による報告会の開催

被災地におけるボランティア活動等のニーズを共有するため、兵庫県社会福祉協議会の被災地先遣隊の方々からの報告会が令和6年1月18日に兵庫県庁で開催されました。
現時点では被災地のインフラやライフラインが復旧しておらず、今後降雪も本格化するため、当面は経験や豪雪対応などのノウハウが必要であること、また、現在も被災者に寄り添ったボランティア活動のニーズはあるが、一般ボランティアは被災地の受入体制の整備が大前提であることなどの報告がありました。

 

ボランティアを支援したい方

兵庫県では、ふるさとひょうご寄附金及び企業版ふるさと納税を活用し、被災地でボランティア活動を行う団体・グループを支援することにより、社会全体で災害ボランティアを支える環境づくりを行っています。


ボランティア活動を支える寄附にご協力いただける場合はこちら
ふるさとひょうご寄附金


皆さまのご支援・ご協力をお願いします。

ボランティア活動を行いたい方

兵庫県では、「大規模災害ボランティア活動応援プロジェクト」を通して、被災地の復旧を支えるボランティア団体・グループに対して、現地までの交通費・宿泊費を助成します。
令和6年能登半島地震については、被災地である石川県におけるボランティア活動を支援するため、現行の助成制度に加え、「能登半島地震復旧応援枠」を新設し、一定規模の団体等に対する助成額を引き上げ、対象経費を拡充します。

「大規模災害ボランティア活動応援プロジェクト」の募集については、こちら(外部サイトへリンク)をご確認ください。

 

  • 実施内容の詳細について

大規模災害ボランティア活動応援プロジェクトの実施(PDF:280KB)

定例会見1

定例会見2

お問い合わせ

部署名:県民生活部 県民躍動課

電話:078-362-3996

FAX:078-362-3908

Eメール:kenminyakudou@pref.hyogo.lg.jp