ホーム > 県政情報・統計(県政情報) > 県民局・県民センター情報 > 北播磨県民局 > 東条川疏水

ここから本文です。

更新日:2018年4月3日

 東条川疏水

鴨川ダム東条川疏水は、大正13年にこの地域を襲った大干ばつを契機に昭和8年に三草山の麓に築造された昭和池、戦後初めてのコンクリートダムとして築造された鴨川ダム、3,000haを超す農地に水を送る水路網、曽根サイフォン、六ケ井円筒分水など珍しい施設を随所に持っています。

草加野や万勝寺、依藤野などの開拓地は、戦後の満州からの引き上げ者等によって開かれた開拓地ですが、東条川疏水の水により、水田となり、この地域の農業を支えています。曽根サイフォン

この東条川疏水はどこを流れているのでしょう。

幹線水路は山沿いを開水路とトンネルで、谷部はサイフォンでつながり、絶えず水を送り続けています。支線水路は、小学校や中学校、住宅の側も通り田んぼやため池に水を送っています。この水が流れずに止まってしまったらどうなるのでしょう。途端に稲は弱り、人間も飲み水が不足してきます。ため池の動植物にも影響がでるでしょう。東条川疏水は、この地域を支える大事な水です。

東条川疏水リーフレット

1.様々なところで生きる水(PDF:840KB)

2.昭和池(PDF:942KB)

3.鴨川ダム(PDF:952KB)

4.船木池、安政池(PDF:955KB)

5.開拓地(PDF:1,560KB)

6.幹線水路、サイフォン(PDF:1,361KB)

7.ダム、池(PDF:542KB)

8.特徴ある水路の建造物(PDF:542KB)

9.水路(PDF:542KB)

10.その他の施設(PDF:542KB)

11.年表(PDF:781KB)

東条川疏水へのアクセス

東条川疏水へのアクセスは拠点施設「アクア東条」をご利用いただけますと便利です。

(東条川疏水へは、次の拠点施設「アクア東条」をクリックして、アクセスボタンを押して下さい。)

さかなの館「アクア東条」(外部サイトへリンク)

<<前のページ

次のページ>>

ページの先頭へ戻る

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

部署名:北播磨県民局 加古川流域土地改良事務所

電話:0794-70-7006

FAX:0794-83-6835

Eメール:kakogawatr@pref.hyogo.lg.jp