ホーム > 食・農林水産 > 食と農 > 地産地消 > ひょうご「農林水産物」直売市(農林漁業祭代替行事)を開催します

ここから本文です。

更新日:2020年10月15日

兵庫県民農林漁業祭

兵庫県では、変化に富んだ地形と気候が生み出す多様な自然環境のもと、五国(摂津、播磨、但馬、丹波、淡路)の特色を生かして、食と暮らしを創造するひょうごの農林水産業が営まれています。
これら五国のめぐみ(地域の農林水産物)の展示・販売・体験等を通じて、ひょうごの「食」と「農」に対する県民の理解を促し、地産地消(県産県消)及び都市・農山漁村交流の推進とひょうごの農林水産業のさらなる活性化を図るため、毎年10月に兵庫県民農林漁業祭を開催します。

第42回兵庫県民農林漁業祭に代わり、『ひょうご「農林水産物」直売市』を開催します

令和2年度は、10月17日(土曜日)・18日(日曜日)に、新型コロナウイルス感染症の影響を受けた農林漁業者及び加工業者等の販売支援のため、兵庫県産農畜水産物等の対面販売に特化した『ひょうご「農林水産物」直売市』を開催します。

なお、感染防止対策対策としてステージイベントやPR展示の出展を見送ります。

ひょうご「農林水産物」直売市(令和2年度兵庫県民農林漁業祭代替行事)

直売市チラシ表面直売市チラシ裏面

開催日時

令和2年10月17日(土曜日)、18日(日曜日)9時30分~16時※18日(日曜日)は15時まで。

雨天でも開催します。荒天等による中止のお知らせは、当日、朝7時以降に下記の電話番号にて、自動アナウンスでお知らせします。

音声ガイダンス050-6865-4115(開催当日のみ)

開催場所

県立明石公園「千畳芝」(外部サイトへリンク)

開催概要

  1. ブース出展(約20ブース。例年の4分の1程度)
    各地域・県域の農林水産団体等による農林水産物、特産品、加工食品等の展示即売(兵庫県認証食品フェスティバル2020を同時開催)

会場内でのマスク着用を徹底するため、会場内で調理した食品の販売、試食・試飲は行いません。

来場にあたっての注意事項

  • 発熱や軽度であっても咳・咽頭痛などの症状のある方は来場をご遠慮いただきますようお願いします。
  • 来場前に接触確認アプリ(COCOA)(外部サイトへリンク)のインストールをお願いします。あわせて、当日、会場に掲示される「兵庫県新型コロナ追跡システム」のQRコードの読取を行ってください。
  • 上記の接触確認アプリ(COCOA)のインストール等を行えない方は、受付にて連絡先の登録をお願いします。
  • マスクの着用をお願いします。また、こまめな消毒や手洗いなど、兵庫の新たな生活様式「ひょうごスタイル」に基づく行動をお願いいたします。携帯用アルコールなどお持ちの方はご持参ください。
  • 会場内で調理した食品の販売、試食・試飲の提供は行いません。会場(千畳芝)内でのお食事はご遠慮ください。
  • ピクニックシートなどをご持参いただき、お食事には会場(千畳芝)外の、広々とした空間をご利用ください。
  • 商品へのタッチは最小限でお願いします。
  • スタッフの誘導にご協力をお願いします。
  • お買い物はスムーズにお願いします。

問合せ先

兵庫県民農林漁業祭実行委員会事務局(兵庫県農政環境部農政企画局消費流通課内、電話:078-362-9223)

主催等

主催:兵庫県民農林漁業祭実行委員会

構成団体:兵庫県、兵庫県農業協同組合中央会、全国農業協同組合連合会兵庫県本部、兵庫県農業共済組合、兵庫県酪農農業協同組合、(一社)兵庫県農業会議、兵庫県米穀事業協同組合、(一社)兵庫県食品産業協会、兵庫県森林組合連合会、兵庫県木材業協同組合連合会、(一社)兵庫県林業会議、兵庫県漁業協同組合連合会、なぎさ信用漁業協同組合連合会、(株)神戸新聞社、日本放送協会神戸放送局

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

部署名:農政環境部農政企画局消費流通課 食の安全・ゼロエミッション班

電話:078-362-9223

内線:4124

FAX:078-362-4276

Eメール:shohiryutsu@pref.hyogo.lg.jp

兵庫県産農畜水産物等の対面販売に特化した『ひょうご「農林水産物」直売市』を10月17(土曜日)・18(日曜日)に兵庫県立明石公園で開催します。コロナに負けるな!買って応援。