ホーム > まちづくり・環境 > 環境 > 環境学習 > 環境学習実践研修開催報告

ここから本文です。

更新日:2018年7月30日

環境学習実践研修開催報告

  • 日時:平成30年7月24日(火曜日) 9時~16時
  • 場所:兵庫県立甲山森林公園(西宮市甲山町43)
  • 講師:ライフデザイン研究所FLAP代表 岩木 啓子 氏
  • 参加者:幼稚園教諭、保育士、保育教諭等11名

1 午前 全体会

簡単なゲームを使って自己紹介した後、3人ずつのグループに分かれ、テーマごとにグループディスカッションを行いました。環境学習や日常の子どもの様子に関する意見交換の中から、どんな取組みを行っていくべきか、視野を広げるとともに視点を深めました。

グループディスカッション

全体会の様子

 

2 午後(1) 実習 (兵庫県立甲山森林公園内 みくるま池周辺)

フィールドで自然体験の活動を行う。自然と触れ合い、味わうことによって、子どもと自然を触れあわせる場を作るためのヒントをつかむ。

  1. モノとの出会い
  2. 木の葉のスライド
  3. 10touch box
  4. 森人(もりんちゅ)探検
  5. マジックスポット
  6. まとめ

実習の様子

自然体験

自然と触れ合い

あめんぼたちー!いちにつけ!!おーい!きいてるのか!?

3 午後(2) おはなし

「効果的な環境学習の場をつくるための視点」

4 ふりかえり&わかちあい

5 参加者の感想

  • まず体験することの大切さを一番に感じた。体験することで興味に気づき、学び・知識につながる。
  • 自分も自然の一部。いろいろなものとつながっていることを子ども達が意識していけるようにすることが大切だと思いました。
  • 将来につながるように、子ども達が自然を楽しいと思えることが大切だと思いました。

お問い合わせ

部署名:農政環境部環境創造局環境政策課 活動支援班

電話:078-362-9895

内線:2793

FAX:078-362-4024

Eメール:kankyouseisakuka@pref.hyogo.lg.jp