ホーム > まちづくり・環境 > 環境

ここから本文です。

環境

かけがえのない環境資源を保護するため、兵庫県が取り組んでいるプロジェクトや、自然・野生動物に関する情報などを掲載しています。

環境に適合した社会をつくるため、環境保全と創造を実現する環境への影響評価や環境保全協定の推進についての情報を掲載しています。

環境月間における各種イベントの開催など、環境についてより深く学ぶ機会についての情報などを掲載しています。

環境学習について掲載しています。

かけがえのない私たちの地球環境を守るため、兵庫県が実施している取り組みやその状況に関する情報を掲載しています。

地球温暖化について掲載しています。

地球環境保全について掲載しています。

節電対策について掲載しています。

窒素酸化物や有害物質による大気汚染状況の監視や、発生源に対する規制、交通公害対策などに関する情報を掲載しています。

兵庫県内の河川や海域の水質、土壌環境を保全するために取り組んでいる各種の調査などについての情報を掲載しています。

大切な生活環境を保全するための適正な廃棄物処理の推進やリサイクルについての情報などを掲載しています。

環境に影響を及ぼす化学物質に関する情報や、その対策についての取り組みなどを掲載しています。

自然環境について掲載しています。

野生鳥獣について掲載しています。

兵庫県が実施しているエネルギーに関する取り組みなどを掲載しています。

武庫川は、人々の暮らしと密接に関わりながら、豊かな自然を感じさせてくれる川です。武庫川とその流域の環境保全の一環として、今年度も、バスで巡って武庫川流域の環境を学ぶ「武庫川流域エコバスツアー」を開催します。今回は「武庫川を知ろう!」と題して、武庫川の起点から下流までを、前編・後編の2回に分けて巡り、様々な切り口から武庫川の姿を学びます。3月5日開催の前編では、武庫川起点を含めた上流域を、3月28日開催の後編では、中流から下流域を専門家の解説付きで巡ります。前編・後編のいずれか一回の参加も可能ですので、ふるってご参加ください!

国内外への北摂里山の魅力発信の強化と、持続的な保全に向けた取組みや現代社会における新たな里山の利活用を進めるため、アジア太平洋地球変動研究ネットワーク(APN)、(公財)地球環境戦略研究機関(IGES)等と連携し、国内外の専門家、活動家を招聘した「北摂SATOYAMA国際セミナー」を平成28年11月12日(土曜日)に開催しました。

都市部に隣接する北摂地域の里山には、今でも古来の里山景観が維持され、歴史・文化や生物多様性などの魅力を保つ稀少な空間が残されており、「日本一の里山」と言われています。本セミナーでは、北摂地域や海外の専門化や活動家をお招きし、それぞれの地域での自然観や現代的な里山の利活用についての報告や意見交換を行うことで、私たちの北摂地域での取り組みに国際的な視野を取り込むとともに、世界各地での里山保全活動のさらなる促進を目指します。

去る11月30日(日曜日)に、北摂里山の魅力を国内外に向けて発信するとともに、現代社会における里山の新たな価値(役割)を見出し、持続的な保全に向けた取組みを広げるため、APN(アジア太平洋地球変動研究ネットワーク)等と連携し、国際的な研究者を招聘した国際シンポジウムを開催しました。