更新日:2023年10月1日

ここから本文です。

局長メッセージ(令和5年10月)

 9月3日に丹波の森公苑グラウンドを中心に令和5年度兵庫県・丹波地域合同防災訓練が開催されました。

                会場全景

                        会場全景

 今年も日本各地で豪雨災害の被害が報告されており、8月の台風7号では県内の但馬地方を中心に300ミリを超える降雨があり、河川の氾濫等により床上床下等137件の被害が発生しました。ここ丹波地域でも平成26年8月の400ミリを超える豪雨により、尊い命が失われ、1,000件を超える住宅被害が生じたところです。

 近年は雨の降り方が局地化・集中化・激甚化していると言われており、また今後30年以内に発生する確率が70~80%といわれている南海トラフ地震も昭和東南海地震・昭和南海地震の発生から約80年が経過していることから切迫性が高い状況となっています。

 今回の訓練は大雨による災害を想定したもので、関係機関が連携し、高齢者等の要配慮者、女性・子ども・外国人やペットの同行避難など、被災者のニーズに配慮した避難所の設置・運営訓練のほか、救出救助訓練、重傷者広域搬送訓練を実施することにより防災意識の高揚と地域防災力の向上を図る目的で開催されました。またドローンを活用した目視外飛行による救援物資搬送にも取り組みました。

      救出訓練     丹波篠山市訓練

          救出救助訓練                  丹波篠山市の福祉避難所設置運営訓練

 

 丹波県民局では避難所設営における救援物資の搬送や道路啓開、地域医療福祉対策会議設置運営訓練に参加するほか県民局で備蓄する人命救助用資機材の点検確認と展示を行いました。

     物資搬送訓練     道路啓開訓練

             物資搬送訓練                        道路啓開訓練

      県民局機材      福祉運営訓練

        丹波県民局で備蓄する人命救助用資機材       地域医療福祉対策会議設置運営訓練(丹波健康福祉事務所)

 

 引き続き、ハード・ソフトの整備を進めながら地域の安全・安心の確保に取り組んで参ります。

 

(令和5年度兵庫県・丹波地域合同防災訓練)

 参加機関 自治体、国、警察・消防、医療、福祉、ライフライン事業者など 約60機関

 参加者  約800人

お問い合わせ

部署名:丹波県民局 県民交流室

電話:0795-72-0500

FAX:0795-72-3077

Eメール:tambakem@pref.hyogo.lg.jp