ここから本文です。

丹波県民局

局長メッセージ

列車

 ゴールデンウィーク明けはすっきりとしない天気だったものの、5月半ば以降、すがすがしい五月晴れの日が続くようになりました。そんな好天のある日、JR加古川線に乗ってきました。

 朝、加古川線の始発駅である谷川駅で下車すると、福知山線のプラットフォームには、丹波篠山方面に通学する、乗車待ちの高校生がたくさんいました。恐らくは、駅が一番賑わっている時間帯なのでしょう。

 その場を後にして、加古川線のプラットフォームにたどり着くと、1両(125系:座席定員40人)編成の西脇市行列車(列車番号:2322S)が静かに佇んでいました。列車に乗り込むと、リュックを持った初老の男性が先に乗車していました。列車はその男性と私の二人を乗せて出発しました。久下村駅を過ぎると、列車は新緑の木立の中をゆっくりと縫うように走っていきます。なかなかいい雰囲気です。旅っぽくなってきたと、心がときめきます。




局長メッセージ全文へ

過去の局長メッセージはこちら



        丹波県民局長 今井 良広

新着情報

トピックス

募集

 

お知らせ

兵庫丹波チャレンジ200フルコースライドの開催

県有施設自動販売機設置事業者の決定について

令和3年度「丹波すぐれもの大賞」の決定について

発熱や風邪症状があるときの相談や受診方法についてのお知らせ!

丹波新地域ビジョン検討委員会

丹波圏域における新型コロナウイルス感染症の対応について