更新日:2023年1月19日

ここから本文です。

西播磨県民局【山城復活プロジェクト】

「西播磨の山城へGO!」モニターバス再募集開始

雨天中止の2つのツアーを日程変更して実施します。

2月26日(日曜日) 姫路発着 定期観光バスで行く「有年山城」(9,800円)

3月4日(土曜日) 三宮発着 ボランティアツアー「感状山」(3,500円)

詳しくは、西播磨ツーリズム振興協議会HP(外部サイトへリンク)(別ウィンドウで開きます)

令和4年10月30日実施しました!「西播磨の山城へGO」モニターツアー(定期観光)令和4年度第1便と包括連携協定による「アース製薬株式会社」との連携事業について

1西播磨山城復活プロジェクトとモニターツアー(定期観光)について

西播磨ツーリズム振興協議会(事務局:西播磨県民局)では、構成の管内4市3町とともに地域に130以上ある山城をはじめとする史跡や伝統文化体験を活かして西播磨地域への誘客を図る「西播磨山城復活プロジェクト」に取り組んでいます。事業開始3年目となる今年度は、山城ガイドが西播磨の歴史的背景を分かりやすく解説して、山城登山や伝統文化体験を楽しむ計12本のモニターツアー(定期観光バスを含む)を実施し、今後参加者の意見をもとにさらに魅力あるモデルコースなどを提案していくこととしています。その第1回目のツアーが10月30日(日曜日)に実施されました。参加者は15名で、ほぼ定員になりました。

 

2「虫ケアステーション」の設置と「ワンポイント虫よけ講座」の実施
(兵庫県とアース製薬(株)との包括連携協定による実践活動)

兵庫県とアース製薬(株)は、県民の安心安全で健康な暮らしの実現や、研究施設等を活用した中高生の生物科学研究へのサポートなどに共同して取り組むため、「連携と協力に関する協定(包括連携協定)」を令和3年12月23日に締結しました。今回のツアーでは、アース製薬(株)が道の駅の一角に「虫ケアステーション」を設置。アース製薬の薬剤師が虫よけ剤の正しい使い方を実演する「ワンポイント虫よけ講座」が実施されました。

 

詳しい内容はこちらから(外部サイトへリンク)(別ウィンドウで開きます)

 

【この件の問い合わせ先】西播磨ツーリズム振興協議会事務局
(西播磨県民局県民交流室地域づくり課)
電話:(0791)58-2144 FAX:(0791)58-0523 Email:Takuya_Nishimura02@pref.hyogo.lg.jp

御城印(カラフル版)の販売開始と御城印(コンプリート版)プレゼントキャンペーンの実施について

西播磨の山城を広く周知するためのアイテムとして、令和3年4月より販売を開始し、大変好評となっている、御城印の新バージョンであるカラフル版(9種類)の販売を開始します。
また、山城イレブン全ての御城印をご購入いただいた方を対象に「山城イレブン制覇記念」コンプリート版の御城印を配布します。

販売場所やプレゼントキャンペーンについて、詳しくはこちら(外部サイトへリンク)

colorful2

兵庫・西播磨の山城 城攻めトレッキングスタンプラリー 開催中

西播磨の8つの山城を巡るデジタルスタンプラリーを開催中です。

詳しくは「兵庫・西播磨の山城 城攻めトレッキングスタンプラリー2022」(外部サイトへリンク)をご覧ください。

~戦国乱世を今に伝える古城跡~山城専用サイトを開設しました。

西播磨地域の山城を紹介する「西播磨の山城」特設サイトを開設しました。
詳しくはこちら(外部サイトへリンク)

「雲を突く天空の城 幻の利神城」PR動画を作成しました。

利神城の歴史を、麓の平福御殿屋敷跡(ひらふくごてんやしきあと)にもスポットをあて、美しいドローン映像とともに紹介します。また、3次元CGにより幻の天守等を再現しています。現在は危険箇所が多いため利神城は入山禁止となっていますが、天守、本丸付近をあたかも直に散策しているかのように体感していただくことができます。

【~雲を突く天空の城~幻の利神城PR動画】YouTube「西播磨ツーリズム」チャンネルで配信

《本編》(6分18秒)はこちら(外部サイトへリンク)

《ダイジェスト版》(0分48秒)はこちら(外部サイトへリンク)

「西播磨の山城へGO」ARアプリのラインナップが完成 楯岩城の創造復元図が太子町立歴史資料館で展示(1月12日から)

「西播磨の山城へGO」ARアプリは、これまで「利神城」(佐用町)、「感状山城」(相生市)、「篠ノ丸城」(宍粟市)、「龍野古城」(たつの市)、「白旗城」(上郡町)、および「尼子山城」(赤穂市)を掲載してきました。この度、新たに「楯岩城」(太子町)が加わり、西播磨4市3町の7つの山城が揃いました。

往時の山城を3DCGで立体的にあらゆる角度から見ることができ、またGPSを活用して3DCG上で現在の位置情報を指し示すなどの機能があり、山城を体感できます。

詳しくはこちら(外部サイトへリンク)(別ウィンドウで開きます)

 

アプリで紹介している楯岩城の想像復原図(城郭研究家 木内内則氏作)の複製が1月12日から、太子町立歴史資料館2階で展示されます。ぜひご覧ください。

 

【アプリの入手方法】

アプリストア(App Store、Google Play)で「西播磨の山城へGO」と検索。

下記をクリックすると各アプリストアの「西播磨の山城へGO」へリンクします。

iPhoneユーザーの方(外部サイトへリンク)

Androidユーザーの方(外部サイトへリンク)

「中世播磨250の山城・改訂版」(中世城郭研究家・木内内則氏著)好評発売中。

木内内則(きうちただのり)氏が播磨の山城の300箇所以上に登り、メジャーで測量した結果をもとに、縄張り図や建物の復原図を描かれたものを掲載した山城マニア垂涎の図書です。(約240ページ)

3年前に自費出版された内容に、西播磨の山城復活プロジェクトのために新たに描いて頂いた利神城、篠ノ丸城の想像復原図などが追加掲載された改訂版。
山城マニアからこれから山城巡りを考えている初心者まで、幅広い層に必見!前回発行時から増刷の要望も高かった標記冊子を管内の道の駅で発売。 6月からは、西播磨ふるさと特産館「好きやde西播磨」(神戸市内)でも発売開始。

 木内本好評発売中 

【発行部数】2,000部

【予定価格】3,300円(送料、振込手数料別)

販売方法等詳細はこちら(外部サイトへリンク)

収益は、木内氏のご厚意により、御城印と同様、山城維持管理に活用する予定

山城ピクトグラムを作成しました。

詳しくはこちら(外部サイトへリンク)

 

西播磨山城復活プロジェクトとは

西播磨ツーリズム振興協議会(事務局:西播磨県民局)では、管内に130以上ある山城をはじめとする史跡や伝統文化体験を活用し、西播磨への誘客を図る「西播磨山城復活プロジェクト」に取り組んでいます。なかでも主要な山城を山城11(イレブン)(※)と銘打ちPRしています。

 ※山城11(イレブン)利神城(佐用町)、感状山城(相生市)、白旗城(上郡町)、篠ノ丸城(宍粟市)、龍野古城(たつの市)、尼子山城(赤穂市)、楯岩城(太子町)、城山城(たつの市)、長水城(宍粟市)、上月城(佐用町)、坂越浦城・茶臼山城(赤穂市)

 

お問い合わせ

部署名:西播磨県民局 県民交流室 地域づくり課

電話:0791-58-2116、2365、2144

FAX:0791-58-0523

Eメール:Nsharimakem@pref.hyogo.lg.jp