ホーム > 県政情報・統計(県政情報) > 県民局・県民センター情報 > 西播磨県民局

西播磨県民局

021101akasai

赤西渓谷紅葉(宍粟市)

ここから本文です。

局長メッセージ

R1遠藤局長写真

~「5つの場面」に注意を払い、感染防止の徹底をお願いします~

11月に入り、全国的に新型コロナ新規感染者数が急増しています。

本県においても、11月1日には1週間の新規感染者数の平均が10人台の「感染警戒期」でしたが、11日には40人台以上の「感染拡大期Ⅱ」、そして「感染拡大特別期」へと急速に警戒ステージが進み、新規感染者数の増加が続いている状況です。

17日には、県内で初めて1日の新規感染者数が100人を超え、この西播磨地域においても初めて10人を超えました。その中でも、職場や飲食の機会が発端とみられる感染も確認されています。また、20日には通所介護事業所でのクラスター化の認定や、21日以降、本県民局西播磨総合庁舎で3名、龍野庁舎で1名の新規感染者が確認されました。県民局では、幹部会議を開催し、職場の消毒の徹底、濃厚接触者の調査及び検査、「ひょうごスタイル」の徹底などの対策を講じているところです。

皆様や大切な方の生命・健康を守るため、いま一度、自分自身のこととして、感染リスクが高まるとされる次の「5つの場面」に注意を払い、マスクの着用等の「ひょうごスタイル」に取り組んでいただくなど、感染防止の徹底を、改めてよろしくお願いします。

合わせて、感染者やご家族等の関係者に対する人権の尊重と個人情報の保護についても、引き続き、ご理解とご協力をお願いいたします。

局長メッセージの続き これまでの局長メッセージ

西播磨県民局長 遠藤 英二(えんどう えいじ)

新着情報

トピックス