ホーム > 組織情報一覧 > 西播磨県民局 光都土木事務所 > 河川砂防第2課

ここから本文です。

更新日:2018年10月5日

河川砂防第2課

(1)概要

 河川砂防第2課では、相生市・赤穂市・上郡町・佐用町における土砂災害対策に関する事業を行っています。

 現在は土砂災害から県民の生命や財産を守るためのハード対策、土砂災害のおそれのある区域等を指定し危険を周知するソフト対策の両面から事業を進めています。

(2)ハード対策

 ハード対策として主に「砂防事業」及び「急傾斜地崩壊対策事業」を進めています。

 ⇒【ハード対策】砂防事業について

 ⇒【ハード対策】急傾斜地崩壊対策事業について

 事業中箇所

事業種別

名称

場所

内容

 

砂防事業

(砂)菅原町(2)川

相生市菅原町

えん堤工

(砂)山際川

赤穂市木津

えん堤工

(砂)楠川

上郡町楠

えん堤工

(砂)桐谷川

佐用町西徳久

えん堤工

 

急傾斜地崩壊対策事業

(急)佐方(1)地区

相生市佐方

擁壁工

(急)目坂(1)地区

赤穂市目坂

擁壁工

(急)戸谷地区

上郡町金出地

擁壁工

(急)佐用新町(1)地区

佐用町佐用

擁壁工

 

 完成箇所

那波本町川堰堤 

神保川堰堤

砂防事業 (砂)那波本町川

(相生市)H29年7月完成

砂防事業 (砂)神保川

(赤穂市)H28年9月完成

尾長谷(3)擁壁工

西下野(3)擁壁工

 急傾斜地崩壊対策事業 (急)尾長谷(3)地区

(上郡町)H29年5月完成

急傾斜地崩壊対策事業 (急)西下野(3)地区

(佐用町)H29年5月完成

 

 

(3)ソフト対策

ソフト対策として主に、土砂災害防止法に基づき土砂災害特別警戒区域等の指定を進めています。

  • 土砂災害警戒区域(通称:イエローゾーン)は、渓流や斜面及びその下流など土砂災害により被害を受けるおそれのある区域のことで、既に指定作業は概成しています。
  • 土砂災害特別警戒区域(通称:レッドゾーン)は、イエローゾーンの中でも特に、一般的な建築物が土砂災害に耐える事ができず、住民に著しい危害が生ずるおそれがある区域のことです。

これらの指定を行ったものは、兵庫県CGハザードマップで確認できます。

 ⇒【ソフト対策】土砂災害警戒区域等について

現在指定に向けて取り組んでいる地域

平成30年度指定予定

佐用町

佐用地区、長谷地区、平福地区、江川地区、幕山地区、上月地区

平成31年度指定予定

佐用町

久崎地区、中安地区、徳久地区、三河地区、三日月地区

指定を行った地域

相生市

矢野町の一部

赤穂市

木生谷、砂子、南野中、新田、北野中、尾崎、坂越、高雄、目坂、高野、大津、鶏和、福浦の一部

上郡町

全域

佐用町

石井地区

指定の案の事前閲覧・意見書の提出

県では、平成28年度から「土砂災害警戒区域等の指定手続きに関する要領」(PDF:188KB)に基づき新たに基礎調査に着手した地区において、事前に指定の案を閲覧できるようにしています。
また、指定しようとする区域内に存する土地、建築物の所有者、管理者又は占有者は、閲覧期間の満了の日まで、意見書を提出することができます。

指定に関する説明会の実施(説明窓口の開設)

閲覧期間中に、区域指定に関する疑問にお答えするため、オープンハウス方式の住民説明会を行っています。

オープンハウス方式

オープンハウス方式の説明会は、従来の教室型とは以下の点が異なります。

  • 開催時間内であれば、いつでも来場し説明を受けることができる。
  • 来場者毎に、職員が個別に説明を行う。

これにより住民の皆様それぞれの事情に柔軟に対応することができます。

 

指定の案の事前閲覧、意見書の提出、説明会の実施予定に関しては以下のリンク先からご確認できます。

 ⇒現在、指定に向けて取り組んでいる地区(土砂災害特別警戒区域等)

 

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

部署名:西播磨県民局 光都土木事務所 河川砂防第2課
電話:0791-58-2359
FAX:0791-58-1230
Eメール:kotodoboku@pref.hyogo.lg.jp