ホーム > 暮らし・教育 > 健康・福祉 > 計画・取組(医療) > 西宮市・芦屋市「退院調整ルール」

ここから本文です。

更新日:2018年3月29日

西宮市・芦屋市「退院調整ルール」

介護を必要とする患者さんが、西宮市・芦屋市のどの病院から退院しても、必要な介護サービスを円滑に受けられ、安心して自宅で生活できるよう、病院とケアマネジャーが連携し、入院時から連絡調整を行うための仕組みです。

平成28年度から、西宮市・芦屋市内の病院関係者、ケアマネジャー、地域包括支援センター、行政などが約1年間、検討・協議を行い、策定しました。

患者さんの退院を地域全体で支えるため、関係者の皆さまで共有・活用していただきますようお願いします。

 なお、西宮市、芦屋市と同じ阪神南圏域に属する尼崎市では、平成26年度から「退院調整(医療看護=介護連携)の取組みを進め、「尼崎市における退院調整(病院=在宅連携)の標準的な取扱い」としてとりまとめ、運用を行っています。

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

部署名:阪神南県民センター 芦屋健康福祉事務所 企画課

電話:0797-32-0707

FAX:0797-38-1340