ホーム > 暮らし・教育 > 健康・福祉 > 健康づくり > がん検診の精度管理について

ここから本文です。

更新日:2014年1月24日

がん検診の精度管理について

市町がん検診受診率無料クーポン事業(がん検診推進事業)その他の検診精度管理指標(プロセス指標)

市町がん検診の受診率や精度管理指標などの情報を掲載しています

県では、がん検診の受診率向上を図るため、県・市町との連絡会議の実施、重点市町の指定、受診啓発チラシの配布やホームページでの広報など様々な取組を行っていますが、がん検診そのものの精度管理(簡単に言うと検診の確からしさの管理)を行わなければ、せっかくの検診も意味がありません。このホームページでは、市町が実施するがん検診や肝炎ウイルス検査などの受診率、要精検率、がん発見率などの精度管理指標(プロセス指標ともいう)を公表しています。

 市町がん検診受診率(平成24年度速報値)

県では、毎年度、市町がん検診の状況を把握するための調査を行っています。平成24年度の市町がん検診の状況を速報値としてまとめました。なお、子宮頸がん検診、乳がん検診及び大腸がん検診では、無料クーポン(がん検診推進事業)の効果が大きく、導入前(平成20年度)に比べ受診率が大きく増加しました。

市町がん検診受診率の推移

 無料クーポン事業(がん検診推進事業)

市町では、がん検診の受診促進を図るため、平成21年度から特定年齢の方に無料クーポン券を配布するがん検診推進事業に取り組んでいます。

クーポン利用者の年次推移

 その他の検診

肝炎ウイルス検査やアスベスト検診などの情報を掲載しています

 精度管理指標(プロセス指標)

がん検診の精度に関する指標を市町別に比較しています

用語 意味(定義)

要精検率

がん検診受診者のうち、精密検査が必要と判断されたものの割合(%)

要精検受診率

要精検者のうち、精密検査を受けた割合(%)

がん発見率

検診受診者のうち、がんが発見された割合(%)

陽性反応的中度

要精検者のうち、がんが発見された割合(%)

市町がん検診のためのチェックリスト(平成24年度集計)

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

部署名:健康福祉部健康局疾病対策課

電話:078-362-3202

FAX:078-362-9474

Eメール:shippeitaisaku@pref.hyogo.lg.jp