ホーム > 暮らし・教育 > 教育・学習 > 中高一貫・高校 > 私立高等学校等奨学給付金(奨学のための給付金)

ここから本文です。

更新日:2018年4月26日

私立高等学校等奨学給付金(奨学のための給付金)

私立高等学校等奨学給付金とは

兵庫県では、私立高等学校等の生徒(新制度の就学支援金受給資格を有する者)の保護者で、生活保護世帯(生業扶助受給)または市町民税所得割額0円の世帯の方に対し、修学旅行費、教科書費、教材費、学用品費、生徒会費等の教育に必要な経費を支援するため、奨学給付金を支給します。

平成30年度の申請について

  • 平成30年度の申請は、平成30年7月以降に受付を開始する予定としています。
  • 7月上旬頃を目途として、申請方法等、詳細が決定しましたら当ページに掲載しますので、しばらくお待ちください。

平成29年度の制度概要

支給を受けることができる人

平成29年7月1日現在、私立の高等学校・中等教育学校(後期課程)・高等専門学校・専修学校(高等課程)・各種学校に在籍する生徒(平成26年度以降に中学校から私立高等学校等に進学した生徒で、新制度の就学支援金受給資格を有する者)の保護者が、次の要件すべてに該当すれば、支給を受けることができます。

  1. 保護者(学校教育法第16条に定める子に対して親権を行う者)が兵庫県在住であること。(生徒の居住地は、寮・下宿等により兵庫県外でも構いません。)
  2. 生活保護世帯(生業扶助受給)または、平成28年の収入に基づく平成29年度の市町民税所得割額(保護者の合計額)が0円であること。

<ご注意>

  • 平成26年3月以前に高等学校等に在籍していた場合は、対象外です。
  • 平成29年7月1日現在高等学校等に在籍していない場合は、対象外です。
  • 平成29年7月1日現在就学支援金の受給資格がない場合は、対象外です。
  • 平成29年7月1日現在高等学校等を休学している場合は、対象外です。
  • 保護者が福祉施設等の施設長や養育里親等であって、見学旅行費又は特別育成費が措置されている場合は、対象外です。
  • 保護者の一方が海外に在住し、兵庫県内に住所がない場合は、対象外です。
  • 保護者が兵庫県内と兵庫県外に別居し、兵庫県外在住の保護者が、兵庫県以外の都道府県が国補助金を受けて実施する類似制度を申請している場合は、対象外です。
  • 高校生一人につき、申請できる回数は3回(定時制・通信制は4回)までです。

支給額(家族構成や学校の種別によって支給額が異なります。)

区分

支給額(年額)

全日制・定時制

通信制

生活保護世帯(生業扶助受給)

52,600円

52,600円

平成29年度

市町民税

所得割額0円

(保護者全員の合算)

下記を除く高校生等

(※保護者が生徒を扶養していない場合、この区分となります)

84,000円

38,100円

 

保護者等に扶養されている

  1. 2人目以降の高校生等  又は
  2. 15歳(中学生を除く)以上23歳未満の保護者等に扶養されている兄弟姉妹(高校生等以外)がいる高校生等

138,000円

38,100円

※15歳以上23歳未満:平成6年7月3日~平成14年4月1日に生まれた方を指します。

※どの支給区分に該当するかは、「平成29年度私立高等学校等奨学給付金申請額確認シート(PDF:77KB)」でご確認下さい。

申請方法

平成29年度の受付は終了しました。

支給決定等

今後の支給決定等については以下のとおりです。

対象生徒が兵庫県内の高等学校等に在学している方

学校から支給決定通知が送付され、学校から振込みが行われます。

ただし、授業料以外の納付金と相殺を行う場合がありますので、詳細は学校にお問い合せください。

対象生徒が兵庫県外の高等学校等に在学している方

県から支給決定通知が送付され、県から振込みが行われます。

支給時期:平成30年3月末まで(ただし、書類不備等の理由により平成30年4月から5月となることがあります。)

※支給時期をお問い合わせいただいても、お答えいたしかねます(平成30年3月末までのいずれかとしかお答えできません)。支給が決定しましたら、書面にて決定の通知を行います。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

部署名:企画県民部管理局私学教育課

電話:078-362-3104

FAX:078-362-9389

Eメール:kyouikuka@pref.hyogo.lg.jp