ホーム > 防災・安心・安全 > 防災 > 国民保護 > 弾道ミサイル落下時の緊急連絡・避難行動について

ここから本文です。

更新日:2017年5月19日

弾道ミサイル落下時の緊急連絡・避難行動について

弾道ミサイルは、発射からきわめて短時間で飛来します。
弾道ミサイルが発射され、日本に落下する可能性がある場合は、注意が必要な地域の方に対して国から緊急情報が流れますので、直ちに適切な避難行動をとっていただきますようお願いします。

県民の皆様への緊急連絡(緊急情報通知)

ミサイルが日本に落下する可能性がある場合は、注意が必要な地域の方に、国がJアラート(全国瞬時警報システム)を活用して、次の手段により緊急情報をお知らせします。
・防災行政無線等でサイレン音とともにメッセージが流れます。
・携帯電話・スマートフォンに緊急速報メールで、警報音とともにメッセージが届きます。


【メッセージの内容】
次の順に、注意が必要な地域の方にメッセージが届きます。

  1. ミサイル発射情報・避難の呼びかけ
  2. 頑丈な建物や地下への避難の呼びかけ
  3. 落下場所等についての情報と避難継続の通知(※日本の領土・領海に落下した場合のみ)

詳しくは、関連リンクに掲載の内閣官房国民保護ポータルサイトを参照ください。

※携帯電話やスマートフォンでメッセージが受信できるかご確認ください。
弾道ミサイル情報等の国民保護情報については、現在、携帯大手事業者(NTTドコモ、KDDI、沖縄セルラー電話、ソフトバンク)を経由する緊急速報メールにより携帯電話・スマートフォンに受信できますが、一部には受信できないものがあります。

お持ちの携帯電話・スマートフォンが受信できるかどうかを確認して下さい。

また、兵庫県の登録制メール(ひょうご防災ネット)でも弾道ミサイル情報等を受信できますので、希望される方は登録して下さい。

詳しくは、関連リンクに掲載の消防庁国民保護サイト及びひょうご防災ネットサイトを参照ください。

緊急情報が流れた場合の避難行動

緊急情報が流れたら、直ちに次の避難行動を取ってください。

【屋外にいる場合】
・近くのできるだけ頑丈な建物や地下に避難する。
・近くに適当な建物がない場合は、物陰に身を隠すか地面に伏せ頭部を守る。
【屋内にいる場合】
・できるだけ窓から離れ、できれば窓のない部屋へ移動する。

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

部署名:企画県民部災害対策局災害対策課 防災・危機管理班

電話:078-362-9833

内線:3145

FAX:078-362-9911

Eメール:saitai@pref.hyogo.lg.jp