ホーム > まちづくり・環境 > 設計・工事 > 工事 > 県有施設の環境対策

ここから本文です。

更新日:2017年5月24日

県有施設の環境対策

施設内緑化

こども病院屋上庭園

県立こども病院屋上庭園

県有施設を建設する時には、敷地内の緑化に努め、地球温暖化防止に貢献しています。

敷地内の空地への植栽だけでなく、屋上緑化、壁面緑化、駐車場のグラスパーキング等の手法を用いています。

室内の化学物質濃度

建築物で使用される建材や家具等から放散する化学物質による健康への影響が問題になっています。
営繕課で工事を行う時には、化学物質の放散が少ない材料を選定しています。そして、工事完成時に、濃度測定を行い、安全であることを確認してから、使用しています。

自然素材の積極的利用

木材、自然石、瓦等自然素材を積極的に利用し、環境に優しい建築物を目指しています。

 

木造・木質化の推進

特に、木材については「ひょうごの木造・木質化作戦」の一貫として、利用の推進を図っています。

 

西神戸高等特別支援学校体育館

県立西神戸高等特別支援学校体育館

県立大学姫路工学キャンパス新本館1階ロビー

県立大学姫路工学キャンパス新本館ロビー


お問い合わせ

部署名:県土整備部住宅建築局営繕課

電話:078-362-9319

FAX:078-362-3932

Eメール:eizenka@pref.hyogo.lg.jp