ホーム > 食・農林水産 > 環境整備 > 農地・ため池・水路 > ため池保全サポートセンター

ここから本文です。

更新日:2018年6月28日

ため池保全サポートセンター

県内のため池点検を進めた結果、老朽化や耐震不足により整備が必要な「要改修ため池」が数多くあることが判明し、これらを整備し、安全性を確保するには長期年数が必要となっています。また、その間に「要安全ため池※」の老朽化が進み、「要改修ため池」の増加が危惧されるなど整備がさらに長期化する恐れがあります。

このため、ため池管理者自らが管理対象(水位低下、簡易な補修等)をより強化にし、整備に着手するまでの安全・安心を確保する対策が急務となっています。

そこで、ため池管理者による適正な管理活動を支援する「ため池保全サポートセンター」について、平成28年度に開設した「淡路島ため池サポートセンター」に加え、淡路を除く地域を対象とした「兵庫ため池保全サポートセンター」の業務を平成30年6月1日から開始することにより、事業化を待つため池の安全安心を確保します。
※漏水等不具合があるが改修要件に至らないため池

[ため池保全サポートセンターの概要]

  • 事業主体:「兵庫県ため池保全協議会」
  • 現地事務所:

[兵庫ため池保全サポートセンター](平成30年6月~)
   三木市志染町井上683(東播用水土地改良区敷地内)

[淡路島ため池保全サポートセンター](平成28年5月~)
   淡路市生穂新島8番地(淡路市役所1号館1階)

  • 業務内容:
    1. 管理者からの相談対応
    2. パトロール(要改修(老朽化)、要保全)
    3. パトロールを通じた管理者への助言・指導等
  • その他   :県民局・市町を交えた運営会議を開催
         業務を通じた地域課題、SC運営上の課題などを協議

お問い合わせ

部署名:農政環境部農林水産局農村環境室

電話:078-362-3434

FAX:078-362-9455

Eメール:nosonkankyo@pref.hyogo.lg.jp