ホーム > 食・農林水産 > 林業 > 木材利用促進 > ひょうご木の街木質化推進事業の募集

ここから本文です。

更新日:2020年9月16日

ひょうご木の街木質化推進事業の募集

駅、バスターミナル又は駅等の近隣に位置する観光案内所等における兵庫県産木材を使った木質化の取り組みを進め、兵庫県産木材の利用と普及啓発を図るため、令和2年度ひょうご木の街木質化推進事業の補助事業者を募集します。

事業概要

県産木材を使った木質化整備のモデルとして、多くの人が利用する交通拠点施設の木質化(内装、外構、木製品導入)に対して、経費の1/3を支援します。

補助対象者

交通拠点施設を所有又は管理する民間事業者(ただし、木質化の実施主体となるもの)

対象となる交通拠点施設

兵庫県内の駅、バスターミナル、高速道路のSA・PA、空港、港湾等の待合所・休憩所、トイレ、売店等又は駅等の近隣に位置する観光案内所等

対象となる木質化

  • (1)天井、床、壁、窓枠等、室内で面的に県産木材を利用すること。(室内木質化)
  • (2)外壁、塀、柵、ウッドデッキ等、施設の屋外で面的に県産木材を利用すること。(屋外木質化)
  • (3)机や椅子、書棚、受付カウンター、案内板等の共用部分に常設される木製品に県産木材を利用すること。(木製品導入)

補助率

県産木材を利用した木質化に係る工事費あるいは木製品購入費等の1/3以内(1交通拠点施設あたり上限200万円)

採択要件

  • (1)兵庫県内に所在する施設であること。
  • (2)駅やバスターミナル等の利用者が概ね1,000人/日以上見込まれること。
  • (3)県産木材による木質化の施工範囲が、利用者の目に触れる場所であること。
  • (4)県産木材による木質化を行う面積(見える部分の面積)がおおむね10平方メートル以上あること。あるいは、県産木材の使用量がおおむね0.15立方メートル以上あること。
  • (5)売店等の商業施設にあっては、駅やバスターミナル等の運営主体が所有し、又は管理する施設であること。
  • (6)事業実施後、5年以上継続的に県民の利用が見込まれる施設であること。
  • (7)県産木材であることを証明する書類を提出すること。(兵庫県木材業協同組合連合会の証明書)
  • (8)令和3年3月末までに事業完了すること。

その他

補助事業に採択された場合は、補助対象施設を利用して県産木材のPRを行っていただきます。
(表示板等による県産木材を使用している旨の明示、HP等での紹介など)

応募方法

提出書類

所定の様式により計画書を作成し、郵送又は持参により提出してください。
詳しくは、関連資料の「ひょうご木の街木質化推進事業実施要領」をご確認ください。

計画書(様式第1号、様式第1-2号)(ワード:26KB)

計画書(様式第1-2号の4)(エクセル:21KB)

提出先

兵庫県農政環境部農林水産局林務課木材利用班
住所:〒650-8567神戸市中央区下山手通5丁目10番1号(1号館7階)
電話:078-362-9224(直通)
FAX:078-362-3954

 

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

部署名:農政環境部農林水産局林務課

電話:078-362-9224

FAX:078-362-3954

Eメール:rinmuka@pref.hyogo.lg.jp