ホーム > 食・農林水産 > 農山漁村 > 整備・形成 > 漁業漁村の歴史文化財産百選

ここから本文です。

更新日:2008年10月31日

漁業漁村の歴史文化財産百選

趣旨

 漁村には、漁業活動等から生まれた歴史的な施設、文化の香り高い施設、水産の礎を築いた施設など多くの価値の高い施設が存在します。これら漁村の魅力を掘り起こし、忘れ去られていく歴史や文化に光をあてるとともに、都市と漁村の交流の場や手段として活用することを通じて、交流をより盛んにし、水産業および漁村に対する理解や関心を深めることを目的に、平成18年2月22日に「未来に残したい漁業漁村の歴史的文化財産百選」が、農林水産大臣に認定されました。兵庫県からは5つの施設が選ばれました。



漁港漁村の歴史文化財百選


○住吉神社の能舞台     明石市魚住町


○神権伝説の島           姫路市家島町


○室の泊                      たつの市御津町


播磨地域)



○岩屋漁港の絵島        淡路市岩屋


○由良港と成島            洲本市由良  


淡路地域




 

お問い合わせ

部署名:農政環境部農林水産局漁港課

電話:078-362-9232

FAX:078-362-3968

Eメール:gyokouka@pref.hyogo.lg.jp