ホーム > 食・農林水産 > 環境整備 > 森林 > ひょうご森のまつり

ここから本文です。

更新日:2018年11月29日

ひょうご森のまつり

昭和31年から始まり、第1回~38回までは「兵庫県緑化大会」という名称でしたが、平成6年に香美町村岡区で「第45回全国植樹祭」が開催されたことを契機に、平成7年度から「ひょうご森の祭典」に改称し、参加者も林業関係者中心ではなく、県下全域から多くの人々が集い、森の大切さを認識する祭典として開催してまいりました。

平成17年度には、兵庫県神戸市と三田市で「第29回全国育樹祭」が開催されたことに伴い、「みどり豊かな森林は県民共有の財産」との認識に立ち、「県民総参加の森づくり」の推進を図り、さらに平成20年度からは、より多くの方々が森づくりに親しむ機会となるよう県下で活躍する森林ボランティア団体の活動報告や森林ボランティア体験などを盛り込み、「ひょうご森のまつり」と名称を新たにして実施しています。
〈主催:兵庫県、開催市町、(公社)兵庫県緑化推進協会〉

趣旨

「ひょうご森のまつり」は、森や緑が、生命の源泉である水を貯え、土砂災害を防ぎ、心や身体を癒すなど県民共通の財産であることを認識し、県民参加による森づくりを一層推進し、かけがえのない森林を次世代に引き継いでいくことをめざして、開催しています。

平成30年度開催内容

平成30年度は、緑豊かな山々と清流市川、播磨平野に育まれ、豊かな歴史・風土を持つまち福崎町のエルデホール周辺で「ひょうご森のまつり2018」を開催しました。(第45回福崎秋まつりと同時開催)

 

  1. 開催日時
    平成30年11月4日(日曜日)10時00分~16時00分
    (式典、記念植樹は11時00分~12時30分)
  2. 開催場所
    「福崎町エルデホール広場周辺」(神崎郡福崎町福田)ほか
  3. 開催テーマ
    「森とともに生きるひょうごごこくの未来」~森を学ぼう!森を育てよう!森を伝えよう!~
  4. 参加人数
    約5,000人
  5. 内容
    1. 式典
      • 主催者挨拶(荒木兵庫県副知事、橋本福崎町長)
      • 表彰(緑化作品コンクール、林業労働功労者等)
      • 来賓祝辞(松本兵庫県議会議長、高井福崎町町議会議長、石堂兵庫県林業会議会長)
      • 宣誓・活動報告(福崎町緑の少年団、兵庫県森林ボランティア団体連絡協議会)
      • キジの放鳥
    2. 併催行事
      • 記念植樹(兵庫県副知事、福崎町長、(公社)兵庫県緑化推進協会理事長)
      • ステージアトラクション(兵庫県警音楽隊、イングリッシュ・フェスティバル(地元子どもたちの英語学習の発表会)、気象予報士・防災士の正木明氏による講演会ほか)
      • イベントゾーン
        【飲食】福崎町特産もち麦や地元食材を使った料理や伝承料理、シカ肉の加工品販売ほか
        【体験】里山林整備体験、森の恵みのクラフト体験 ほか
        【展示・販売】木工品の展示や販売、森林や木材等に関するパネル展示ほか
        【環境】緑化作品コンクール展、土石流実験ほか

 

緑化作品コンクール等の表彰

開催記念の植樹(荒木副知事、藤澤県緑化推進理事長-クスノキ、橋本町長-クロガネモチ)

 

緑の少年団による里山林整備体験活動

県警音楽隊の演奏にあわせ園児たちがダンスを披露

 

お問い合わせ

部署名:農政環境部農林水産局豊かな森づくり課

電話:078-362-3613

FAX:078-362-3954

Eメール:yutakanamorizukuri@pref.hyogo.lg.jp