ホーム > 食・農林水産 > 環境整備 > 森林 > カシノナガキクイムシによる「ナラ枯れ被害」について

ここから本文です。

更新日:2019年7月25日

カシノナガキクイムシによる「ナラ枯れ被害」について

近年、カシノナガキクイムシ(以下、「カシナガ」という。)の集団穿入によるミズナラ・コナラ・カシ類を中心としたナラ枯れ被害が全国的に広がりをみせています。

ナラ類は兵庫県内の雑木林に広く生育しています。ナラ枯れが拡大することで、枯損した木の枝が落下したり、枯死した樹木が倒伏したりすることによる人身被害が発生する恐れがあります。また、六甲山や北摂地域の里山等の優れた景観の劣化や、ナラ類が局所的に集中して枯損した場合には土砂流出防備等の森林の持つ防災機能の低下が懸念されます。

カシナガによるナラ枯れ被害は、平成22年度に大きな被害(被害材積約2,700立方メートル)が発生して以降、減少傾向が続きましたが、平成27年度には約2,500立方メートル(前年度の5倍)と急増しました。さらに平成29年度は前年度の約2倍と大幅に増加し、被害材積はこれまでで最大となる約9,200立方メートルとなりました。平成30年度の被害材積は約5,700立方メートル(前年度の約6割)と減少したものの、淡路島で新たに被害が確認されるなど、今後の被害の拡大が懸念されます。

被害の発生地域は、平成18年度までは但馬地域のみでしたが、しだいに南下が進み、平成28年度以降は阪神地域が激害地となっています。

早期に被害箇所を把握するため、カシナガによるナラ類等の被害木の情報収集を行っていますので、今まで被害がなかった箇所で9月末までに被害を見つけられた場合は、県の関係機関まで情報提供いただきたくご協力をお願いします。

詳しくは、関連資料の「ナラ枯れ被害量の推移」、「ナラ枯れ被害のチラシ」をご覧ください。

1.ナラ枯れ被害について

カシナガ成虫(左が雌・右が雄)((独)森林総合研究所関西支所提供)

ナラ枯れは、カシナガが病原菌(ラファエレア・クエルキボーラ菌(以下、「ナラ菌」という。)を伝播することによって起こる樹木の伝染病です。このため、ナラ枯れ被害を防止するためには、被害木の早期発見と適切な初期防除が重要です。

(1)カシナガとは

体長5mm程度の小さな虫で、ナラ類等の樹幹に穿入し、ナラ枯れの原因となるナラ菌を持ち込むとともに、孔壁に繁殖させた菌をエサにするため、「養菌性キクイムシ」とも呼ばれています。

(2)ナラ枯れ被害の仕組み

ア.6月~8月

健全なナラ類の木に飛来し穿入する。(主に7月)

イ.6月~9月

穿入した個体の集合フェロモンにより、集団で集中的に穿入〈マスアタック〉する。

ウ.8月~9月

穿入した際にナラ菌を伝搬し、ナラ菌の繁殖により樹幹の水分通道機能が悪化し、急激に枯死する。

エ.10月~6月

枯らした穿入木で繁殖し、越冬する。翌年、成虫になった個体は飛び立ち、付近の健全なナラ類に飛来し穿入する。

上記ア~エを繰り返します。その年の気候により時期が早まることもあります。

(3)被害発生樹種

特に枯死被害が多い樹種は、ミズナラとコナラですが、兵庫県ではその他に次のような樹種が報告されています。

コナラ属

コナラ、ミズナラ、アベマキ、クヌギ、カシワ、シラカシ、アカガシ

クリ属

クリ

シイ属

スダジイ

ブナ属(*)(ブナ・イヌブナ)は枯死しない。

(*)は、穿入は確認されているが、枯死は確認されていない樹種です。

2.ナラ枯れ被害の見分け方

(1)被害木の特徴

ア.7月下旬頃から9月上旬頃に、紅葉したように突然葉が赤くなる。

紅葉が始まる前に被害木を把握する必要がある。

イ.被害木の根元付近に、穿入と繁殖により排出された大量のフラス(木屑等)が見られる。

ウ.樹幹の大径部(高さ2~3m程度)にφ2.0mm程度の穿入痕が多数みられる。

カシナガの密度が多くなると樹幹の高い位置でも穿入する。

エ.大径木や老齢木が被害を受けやすいと言われている。

1.ナラ枯れ被害状況(平成22丹波市市島町)

2.カシナガの穿入により発生した木屑等(フラス)

3.カシナガ穿入孔(φ1.5~2mm程度)

(2)被害木周辺について

被害木が数本であっても周辺の健全木(特に大径木)にはカシナガが穿入している可能性がありますので、次の症状がでていないか確認する必要があります。特に新たに被害が発生した箇所については、注意してください。

  1. 被害木周辺の健全木が枯れ始めたり、衰弱している。
  2. 健全木からフラスがでている。

(3)被害木の移動について

カシナガが穿入している被害木を移動させることにより、新たな箇所で被害が発生するおそれがあるため、被害木の移動は極力避ける必要があります。被害木を移動させる場合は、被害木に穿入しているカシナガを駆除してから移動させるか、カシナガが被害木から羽化脱出するまで(概ね11月頃から5月頃まで)に移動させ、薪等の利用で駆除がなされる必要があります。

【情報提供先】

部署

電話番号

メールアドレス

森林保全室森林保全班

078-362-3473

shinrinhozen@pref.hyogo.lg.jp

森林・林業技術センター

0790-62-2118

nouringc_shinrin@pref.hyogo.lg.jp

神戸農林振興事務所

森林課

078-361-8554

koubenourin@pref.hyogo.lg.jp

阪神農林振興事務所

里山・森林課

079-562-1392

hanshinnorin@pref.hyogo.lg.jp

加古川農林水産振興事務所

森林課

079-421-9347

kakogawanourin@pref.hyogo.lg.jp

加東農林振興事務所

森林課

0795-42-9424

katonorin@pref.hyogo.lg.jp

姫路農林水産振興事務所

森林課

079-281-9289

himejinourinsuisan@pref.hyogo.lg.jp

光都農林水産振興事務所

森林第1課

0791-58-2273

Kotonorin@pref.hyogo.lg.jp

豊岡農林水産振興事務所

森林課

0796-26-3699

toyookanourin@pref.hyogo.lg.jp

朝来農林振興事務所

森林第2課

079-672-6882

Asagonorin@pref.hyogo.lg.jp

丹波農林振興事務所

森林課

0795-73-3796

Tanbanorin@pref.hyogo.lg.jp

洲本農林水産振興事務所

森林課

0799-26-2103

sumotonourinsuisan@pref.hyogo.lg.jp

3.ナラ枯れ防止作戦の推進について

被害拡大防止に向けて、「兵庫県ナラ枯れ被害対策実施方針」に基づき、未発生の市町に隣接する被害先端地の市町や自然公園等の良好な環境や景観を有し、地域資源として重要な森林(例六甲山、川西市黒川地区の里山等)を重点対策区域に指定し、優先的に被害木の駆除等を行っていきます。

詳しくは関連資料の「兵庫県ナラ枯れ被害対策実施方針」をご覧下さい。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

部署名:農政環境部農林水産局森林保全室

電話:078-362-3474

FAX:078-362-3954

Eメール:shinrinhozen@pref.hyogo.lg.jp