ホーム > しごと・産業 > 労働・雇用・資格 > 職業能力開発 > ひょうごの匠

ここから本文です。

更新日:2017年7月10日

ひょうごの匠

兵庫県では、中学生の皆さんに技能の実体験を通じて、ものづくりのおもしろさ、技能のすばらしさを実感し、将来の職業選択の参考としていただくことを目的として、平成10年度から県下中学校を対象に「ひょうごの匠」キャラバン隊を派遣していましたが、平成24年度で派遣事業は終了しました。現在は「ものづくり体験館」(外部サイトへリンク)にて体験していただけます。

ひょうごの匠とは

兵庫県内の卓越した技能者の中で、特に技能の伝承と技能後継者の育成に熱意があり、しかも他の人の模範となる技能者のことです。
平成10年度から27職種412名が兵庫県知事より認定を受けています。

ひょうごの匠の職種

現在のところ、職種は下記の27職種です。

貴金属装身具製作 石工 印章彫刻
建築大工 広告美術仕上げ 写真
寝具 建具 表具
菓子製造 婦人子供服製造 和裁
紳士服製造 内装仕上げ施工 塗装
日本調理 左官
ガラス施工 造園 金属塗装
タイル張り 建築板金 フラワー装飾
時計組立修理 西洋調理 瓦葺き

 

お問い合わせ

部署名:産業労働部政策労働局能力開発課

電話:078-362-3371

FAX:078-362-3951

Eメール:nouryokukaihatsuka@pref.hyogo.lg.jp