ホーム > しごと・産業 > 労働・雇用・資格 > 資格 > 液化石油ガス設備士

ここから本文です。

更新日:2018年5月30日

液化石油ガス設備士

液化石油ガス設備士

液化石油ガス設備工事の作業を行う方に必要な資格です。

液化石油ガス設備士試験の概要

受験資格

特になし

願書受付

8月頃
試験日 筆記(11月頃)、技能(12月頃)
申込先 高圧ガス保安協会兵庫県試験事務所
((一社)兵庫県LPガス協会内)
078-361-8064
参考 資格取得後の協会が行う法定講習会の問い合わせ
(一社)兵庫県LPガス協会
講習日は5月頃と9月頃の年2回
078-61-8064~7

液化石油ガス設備工事の作業

  1. 硬質管の寸法取り又はねじ切りの作業
  2. 硬質管相互を接続する作業(アーク溶接又はガス溶接の方法による接続に係るものを除く。)
  3. 次に掲げる器具等と硬質管を接続する作業(ただしイ~二までに掲げる器具等と硬質管を接続する作業にあっては、同一型式の器具等の交換に係るものを除く。)・・・イ_気化装置、ロ_調整器、ハ_ガスメーター、二_自動ガス遮断器、ホ_バルブ、ヘ_ガス栓
  4. 地盤面下に埋設する硬質管に腐食防止措置(電気防食措置を除く。)を講ずる作業
  5. 気密試験の作業

下記の「関連リンク」でご確認ください。

液化石油ガス設備士の法定講習

液化石油ガス設備士は免状の交付を受けた日の属する年度の翌年度の開始の日から3年以内に、第一回の講習を受けなければなりません。また、第一回の講習を受けた日の属する年度の翌年度の開始の日から5年以内に第二回の講習を受けなければなりません。

関連メニュー

お問い合わせ

部署名:企画県民部災害対策局産業保安課

電話:078ー362-9827

FAX:078-362-9916

Eメール:sangyouhoanka@pref.hyogo.lg.jp