ホーム > 2021年4月記者発表資料 > 豊かな海を目指しての海底耕うんの取組について

ここから本文です。

豊かな海を目指しての海底耕うんの取組について

2021年4月27日

担当部署名/東播磨県民局加古川農林水産振興事務所  直通電話/(079)421-9615

 

 

豊かな海を目指しての海底耕うんの取組について

 

近年、貧栄養化が進行する瀬戸内海の栄養塩濃度や生物の生息環境を改善し、豊かな海を再生するため、「瀬戸内海環境改善海底耕うん事業」を実施します。

今年度は、下表のとおり海底耕うん作業を行う予定です。播磨灘の重要な漁場である鹿ノ瀬を明石市4漁協が淡路西浦の4漁協と連携し、5月9日(土曜日)(明石が中心、一部淡路の船が参加)に実施する予定です。

 

 

○令和3年実施予定箇所

 (詳細は別添の記者発表資料のとおり)

  ※悪天候等により、作業日などに変更が生じる場合があります。

  

 ○海底耕うんの概要図

 (図は別添の記者発表資料のとおり)

   ※漁船で鉄製の桁(けた)を曳いて海底を耕すことにより、海底の底質改善と海中への栄養塩供給を促す

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。