文字サイズ
拡大
標準
縮小
色合いの変更
標準
青地に黄色
黄色地に黒
黒地に黄色

音声読み上げ

  • 詳細検索
  • 検索の仕方
  • 組織から探す
  • サイトマップ
  • モバイル
  • Foreign Languages

ホーム > 食・農林水産 > 農山漁村 > 防災・保全 > 淡路島のため池保全活動

ここから本文です。

更新日:2016年6月13日

淡路島のため池保全活動

ため池は淡路島の重要な地域資源です!

 ため池は、先人が長い時間と労力をかけて造りあげた貴重な財産であり、農家のたゆまぬ努力により守り続けてきたものです。

 特に、この淡路島には約2万3千ヵ所のため池があり、今日の淡路島の農業発展を支えてきました。

 さらに、ため池は淡路島の豊かな自然の一部となり、美しい景観や多様な生物がすむ空間を形成することや洪水を減少させることなど、多面的な働きをしています。また、地域の人々の交流や文化を育む舞台として、暮らしになくてはならないものとなっています。

淡路ため池・里海交流保全活動

 淡路島は農業・漁業の盛んな島。

 しかしながら、農業者の高齢化等により、ため池の適正な管理が困難になってきており、 ほとんどのため池で「かいぼり(池干し、泥ながし)」が行われなくなったことが問題化しています。

 一方、淡路島が位置する瀬戸内海は、下水道整備が発達したことなどにより、昔に比べてきれいになった反面、海の栄養塩濃度が低下したことから、養殖海苔の色落ちが問題化しています。

 「ため池・里海交流保全活動」とは、このような農業者と漁業者が抱える問題を、ため池の「かいぼり」を連携して行うことにより、ともに解決していこうという取組です。

 ■淡路ため池・里海交流保全(PDF:2,350KB)

淡路ため池ものがたり

 淡路島は約2万3千ヵ所のため池を有する“日本一のため池密集地域”。

 ため池は、農業用水を確保するため先人が築き上げた貴重な財産であるとともに、淡路独特の文化や景観、豊かな生態系を形成する重要な地域資源にもなっています。

 このたび、淡路島のため池の歴史や自然、生活文化との関わりなどを「淡路ため池ものがたり」としてとりまとめましたので、その電子データを掲載します。 

 ■淡路ため池ものがたり(表紙・はじめに)(PDF:2,281KB)

 ■淡路ため池ものがたり(第1~2章)(PDF:3,416KB)

 ■淡路ため池ものがたり(第3~4章)(PDF:3,654KB)

 ■淡路ため池ものがたり(第5~6章)(PDF:2,579KB)

 ■淡路ため池ものがたり(第7~8章・おわりに)(PDF:3,224KB)

ため池管理・点検の手引き

 農業をとりまく状況は厳しいものがあり、また、ため池を管理する農業者の高齢化も進んでいることから、ため池の十分な管理が難しくなっています。

 これまで、ため池はそれぞれの方法で管理されてきましたが、今一度、管理・点検の手法について確認していただくため、「ため池管理・点検の手引き」を作成しましたので、その電子データを掲載します。 

 ■ため池管理・点検の手引き(PDF:5,465KB)

 島の水瓶「ため池」による治水プロジェクトの推進

  淡路県民局では、ため池の有する多面的機能な働きの中でも、「雨水の一時貯留機能(洪水調整機能)」を最大限発揮させ、洪水被害を軽減する取組をH27年度から本格的に展開しています。

 台風前にため池の水位を下げておくことで、上流からの雨水を貯留できる容量を増やせるように、(1)ため池管理者に落水依頼等のメールを送信することや講習会を開催するなどのソフト対策(普及啓発)、(2)ため池に事前放流施設を設置するハード対策(施設整備)、(3)流域単位でのモデル地区を設定した効果検証に取り組んでいます。

  ■島の水瓶「ため池」による治水プロジェクト説明資料(PDF:781KB)

  ■島の水瓶「ため池」による治水プロジェクト進捗状況(PDF:245KB)

 淡路島ため池保全サポートセンター

ため池     ため池2    ため池3

 淡路島には約2万3千ヵ所もの「ため池」があり、日本一「ため池」が密集しています。過去の災害では、多くの「ため池」が決壊し、下流へ大きな被害をもたらしました。平成24年度から実施してきた「ため池点検」の結果、老朽化による整備など対策が必要な「ため池」が約400ヵ所にのぼり、そのすべてのため池の整備完了までには長期間が必要となっています。 

そのため、「ため池」を安全・安心に保全していくためには、台風などの大雨前に水位を下げたり、こまめに補修を行うなど、日常の保全管理が重要となります。

しかし、ため池管理者の高齢化や農家数の減少によりため池の管理が困難な状況にあります。

そこで、ため池の保全管理をより一層強化していくため、ため池管理者の皆さんの適正な保全管理活動の支援することを目的に、全国初となる「淡路島ため池保全サポートセンター」を県と3市が共同で設置しました。(平成28年5月30日開設)

 場所:淡路市津名第二庁舎

連絡先:(0799)62-0165

淡路島ため池保全サポートセンターの詳細についてはPDFの資料をご覧ください。

淡路島ため池保全サポートセンター詳細(PDF:507KB)

【淡路島ため池交流保全のFacebookページを開設しました!!】

 洲本土地改良事務所が実施している「ため池かいぼり」、「ため池治水活用」、「ため池教室」などのため池保全活動を広く情報発信するため、Facebookページを開設しました。是非ご覧いただき、「いいね!」をお願いします。

    ロゴマーク      

 

 

 

 https://www.facebook.com/awajitameike(外部サイトへリンク)

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

部署名:淡路県民局 洲本土地改良事務所

電話:0799-26-2118

FAX:0799-22-2510

Eメール:sumototochikairyou@pref.hyogo.lg.jp