ホーム > まちづくり・環境 > 道路・港湾・河川 > 河川整備 > ドローン(UAV)を活用した河川点検・監視の実施について

ここから本文です。

更新日:2017年11月30日

(中播磨地域)ドローン(UAV)を活用した河川点検・監視の実施について

姫路土木事務所では、河川管理業務の効率化を図るため、本年2月から、ドローンによる河川点検・監視システムの開発を兵庫県測量設計業協会、兵庫県まちづくり技術センターの共同で進めてきました。
このたび、市川・夢前川(10km)における試行を終え、全県に先駆け、姫路土木事務所において、当システムの本格運用を開始します。
ドローンによる空撮映像をパソコン画面の地図上で表示するアプリケーションソフトにより、樹木の繁茂や増水後の土砂堆積等、河道や堤防の形状・変化を素早く把握できます。


 a

 

 

 b

c

 

●ドローン(UAV)を活用した河川点検・監理の実施

河川の状態を把握し、治水対策等に活かすため、ドローンによる空撮を下記のとおり予定しています。
ドローンによる飛行音が発生しますが、ご理解、ご協力をお願いいたします。
 

UAV1

05uav

 添付図面(位置図)(PDF:7,682KB)

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

部署名:中播磨県民センター 姫路土木事務所 河川砂防課

電話:079-281-9484