ホーム > (東播磨地域)医療と介護の連携について

ここから本文です。

更新日:2017年3月27日

(東播磨地域)医療と介護の連携について

 

医療・介護を必要とする方やその家族が、人生の最期まで住み慣れた地域で生活を送ることができるよう、医療・介護の専門職が一層の関係強化を図り、適宜・適切な医療や介護サービスを提供することが必要です。

連携にあたっては、本人・ご家族のご了解を得て、在宅時及び入退院時など、適切な時期に適切な情報を共有することが極めて重要になってきます。

 

そこで、東播磨圏域においては、医療・介護連携システム作成ワーキング会議を設置し、本人・家族に関わる医療介護専門職が、適切な時期に適切な情報の共有が出来るよう、本人の状況に応じた各時期の連携方法を示す「東播磨医療・介護連携システム フロー図・取扱説明書」を作成しました。

これは、在宅時及び入退院・転院時のおおまかな連携の流れを示していますが、各関係機関の状況に応じ、修正・追加し、活用いただくこととしています。

また、今後、さらに連携の充実強化を図るよう、必要に応じ、適宜見直すこととしています。

各専門職の方が他機関との連携を円滑に行うための、参考となる様式を、下記からダウンロードして頂くことができます。

各関係機関の状況に合わせながら、適宜、ご活用ください。

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

部署名:東播磨県民局 加古川健康福祉事務所

電話:079-421-9292

FAX:079-422-7589

Eメール:kakogawakf@pref.hyogo.lg.jp