ホーム > 暮らし・教育 > 健康・福祉 > 認知症 > 認知症の専門医療・生活相談チーム(はばタンCサポートチーム)を派遣します!

ここから本文です。

更新日:2020年2月4日

認知症の専門医療・生活相談チーム(はばタンCサポートチーム)を派遣します!

兵庫県では、企業を対象として、家族等に認知症の不安がある従業員及びその家族(両親、配偶者等)に対し、認知症に関する専門医療・生活相談を実施する「はばタンC(Cognitive:認知)サポートチーム」を派遣する、「認知症支援専門職派遣事業(家族の認知症早期派遣・受診促進事業)」を実施します。(派遣回数:原則1企業1回限り)

  • ※「はばタンCサポートチーム」構成員
    医師(認知症サポート医や専門医、または精神科医、神経内科医等)、臨床心理士・精神保健福祉士等 計3名
  • ※本事業では、認知症の診断・診療は実施しません。
    身近な医療機関のご紹介や受診につなげるためのアドバイス、ご本人様への対応方法や利用できる福祉制度、相談窓口等についてのご相談に対応させていただきます。

事業概要

1.派遣対象となる事業所

2.事業の概要

基本的には以下の活動フロー図に沿って相談を実施しますが、産業医等のご希望に応じた実施方法も検討しますので、ご相談ください。
勤労者自身の認知症に関する相談を希望する場合は、産業医の同席、もしくは報告について、相談者に了承を得ておくようお願いします。
(勤労者の家族に関する相談の場合は、産業医への報告は相談者の同意がある場合のみで可)

はばタンCサポートチームの活動フロー図

 

3.派遣費用

無料
※ただし、相談日当日の会場(相談者のプライバシーが守られるよう配慮されたもの)は、企業でご準備ください。

4.実施までの流れ

  • (1)産業医・嘱託医・産業保健師等が企業に配置されている場合は、事前に相談の上、認知症支援専門職派遣事業(家族の認知症早期発見・
    受診促進事業)申請書(様式1)により申請してください。
    また、はばタンCサポートチームの派遣調整が必要なため、相談日開催希望日の1ヶ月半前までに申請書を提出してください。
    ※チーム員の派遣調整に時間を要する場合は、1ヶ月半以上かかることもありますのでご了承ねがいます。
  • (2)実施報告は、認知症支援専門職派遣事業(家族の認知症早期発見・受診促進事業)実施報告書(様式2)により、相談日実施後、10日以内にご提出ください。(必着)

はばタン実施の流れ

5.お問い合わせ・申込先

一般社団法人兵庫県医師会 業務1課 介護保険係 西田・曽谷
TEL 078-231-4114/FAX 078-231-8112

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

部署名:健康福祉部健康局認知症対策室

電話:078-362-3188

FAX:078-362-3913

Eメール:ninchisyotaisaku@pref.hyogo.lg.jp