ホーム > まちづくり・環境 > 都市計画・整備 > 都市計画 > 播磨臨海地域道路の都市計画・環境影響評価

ここから本文です。

更新日:2021年9月9日

播磨臨海地域道路の都市計画・環境影響評価

播磨臨海地域道路は、播磨臨海地域を東西に結ぶ新たな路線で、国道2号バイパスや国道250号の渋滞緩和、災害時等における代替路の確保とともに、ものづくり拠点である播磨臨海地域の発展に寄与する道路です。

播磨臨海地域道路は全体延長約50kmのうち、第二神明~広畑に至る約36kmの区間を「当面、都市計画・環境影響評価を進める区間」とし、都市計画の手続とあわせて環境影響評価の手続を進めています。

播磨臨海地域道路(第二神明~広畑)の環境影響評価

環境影響評価(環境アセスメント)とは、事業計画等の策定にあたって、その事業が環境に及ぼす影響について事前に調査、予測、評価等を行うもので、以下の4つの段階に分けて手続を進めます。

  • 計画段階環境配慮書(以下「配慮書」)
  • 環境影響評価方法書(以下「方法書」)
  • 環境影響評価準備書(以下「準備書」)
  • 環境影響評価書 (以下「評価書」)

方法書以降の手続については、環境影響評価法に基づき、都市計画決定権者である兵庫県・神戸市が事業予定者に代わり行います。なお、環境影響評価の調査等については、引き続き事業予定者に協力を求めながら手続を進めます。

配慮書

国土交通省近畿地方整備局(概略計画の検討を実施した団体)により令和2年8月に公表済。(外部サイトへリンク)

方法書

兵庫県・神戸市では、環境影響評価法に基づき、播磨臨海地域道路(第二神明~広畑)に関する方法書を令和3年7月に作成・公表しました。

<方法書の概要>
  1. 都市計画決定権者の名称
    都市計画決定権者の名称:兵庫県、神戸市
    代表者の氏名:兵庫県知事 井戸敏三、神戸市長 久元喜造
    住所 :兵庫県神戸市中央区下山手通五丁目10番1号、兵庫県神戸市中央区加納町六丁目5番1号
  2. 都市計画対象道路事業の名称、種類及び規模
    名称:(仮称)播磨臨海地域道路(第二神明~広畑)
    種類:一般国道の改築
    規模:約36km(4車線)
  3. 都市計画対象道路事業実施区域
    神戸市、明石市、稲美町、播磨町、加古川市、高砂市、姫路市
  4. 都市計画対象事業に係る環境影響を受ける範囲であると認められる地域の範囲
    神戸市、明石市、稲美町、播磨町、加古川市、高砂市、姫路市 
<方法書図書>
  • 環境影響評価方法書
  • 環境影響評価方法書要約書
  • 環境影響評価方法書あらまし

 

<意見書の提出>
 意見書の受付は終了しました。

 

<縦覧・説明会開催結果>

 令和3年7月27日~8月26日まで縦覧に供しました。
 また、以下のとおり説明会を開催しました。

会場

開催日

神戸市

西区役所 岩岡出張所

8月1日(日曜日)

姫路市

広畑市民センター 大ホール

8月3日(火曜日)

飾磨市民センター 大ホール

8月4日(水曜日)

東市民センター 大ホール

8月5日(木曜日)

灘市民センター 大ホール

8月6日(金曜日)

明石市

らぽす 5階 市民ホール

8月1日(日曜日)

加古川市

平岡公民館 大ホール

8月17日(火曜日)

尾上公民館 大ホール

8月18日(水曜日)

別府公民館 大ホール

8月24日(火曜日)

高砂市

高砂市役所南庁舎 5階大会議室

8月20日(金曜日)

8月21日(土曜日)

稲美町

稲美町役場新館 4階 コミュニティセンターホール

8月10日(火曜日)

播磨町

播磨町役場第1庁舎 3階ABC会議室

7月31日(土曜日)

その他

播磨臨海地域道路のこれまでの検討経緯等については、下記のページを参照して下さい。

播磨臨海地域道路(高速道路推進室)

 

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

部署名:県土整備部まちづくり局都市計画課

電話:078-362-3578

FAX:078-362-4453

Eメール:toshikeikakuka@pref.hyogo.lg.jp