ホーム > まちづくり・環境 > 都市計画・整備 > 都市計画 > 都市計画区域とマスタープラン

ここから本文です。

更新日:2018年4月1日

都市計画区域とマスタープラン

都市計画区域

都市計画区域とは、一体の都市として総合的に整備し、開発し、及び保全する必要がある区域として県が指定する区域で、県内では、阪神間の7市1町、東播の8市2町、中播の2市2町、西播の2市1町及び西播磨高原の1市2町(たつの市は中播、上郡町は西播と併存)など19市7町に5つの広域都市計画区域(2つ以上の行政区域で構成される都市計画区域)を指定し、神戸、篠山、洲本など12市3町に単独都市計画区域(1つの行政区域で構成される都市計画区域)を指定しています。

39市町における都市計画区域の面積の合計は約51.7万haで、県土面積の約62%にあたります。また、区域内には、県民の約97%にあたる約535万人が居住しています。(人口は平成28年4月1日時点)

都市計画区域マスタープラン

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

部署名:県土整備部まちづくり局都市計画課

電話:078-341-7711(内線4657)

FAX:078-362-4453

Eメール:toshikeikakuka@pref.hyogo.lg.jp