ホーム > まちづくり・環境 > 環境 > 自然環境 > 神戸港における緊急調査で確認された特定外来生物「ヒアリ(Solenopsis invicta)」について

ここから本文です。

更新日:2017年6月18日

神戸港における緊急調査で確認された特定外来生物「ヒアリ(Solenopsis invicta)」について

 平成29年5月26日に尼崎市において強い毒性を持つ南米原産の特定外来生物「ヒアリ」が国内で初めて確認されたことを受け(6月13日環境省発表)、環境省、県・市は、6月16日に「ヒアリ」が付着していたコンテナが留置されていた地点周辺における緊急調査を実施したところ、当該コンテナが一時的に保管されていた神戸市ポートアイランドのコンテナヤードにおいて「ヒアリ」の個体が確認されました。

 環境省及び神戸市は、発見場所及びその周辺地域において集中的な殺虫剤等による緊急防除を開始しており、県としてもホームページ等を通じた情報提供・注意喚起を実施します。

 なお、他の調査地点においては、「ヒアリ」と考えられる個体は確認されていません。

 

経緯

 5月26日 尼崎市でコンテナ内部からアリのコロニーが見つかり、専門機関に種の同定を依頼。その後、コンテナが一時的に留め置かれた地点(神戸市2箇所、尼崎市1箇所)の周辺において捕獲トラップ等を設置し、ヒアリの侵入の有無を確認するための緊急防除を開始。

6月13日 種の同定の結果、見つかったアリが「ヒアリ」であると確認されたことを受け、環境省が「ヒアリ」が国内初確認されたことを報道発表。

6月16日 神戸市ポートアイランドでのコンテナヤードにおける専門家を交えた緊急調査において、舗装面の亀裂部等で「ヒアリ」に酷似した個体が確認されたことを受け、集中的な殺虫剤等による緊急防除を開始。専門家に採取したサンプルの種の同定を依頼。

6月18日 種の同定の結果、採取した個体が「ヒアリ」であることが確認されたと、環境省及び神戸市が発表。

周辺住民等の皆様へ

⑴注意点

「ヒアリ」は強い毒性を持つため、生きた個体を素手で触らないでください

「ヒアリ」は刺激すると刺される場合があります

「ヒアリ」と疑われる個体や巣を発見した際は、刺激(個体を踏みつける、巣を壊す等)せず、下記問合せ先に連絡してください

⑵刺されたときの対応

まずは安静(20~30分程度)にし、容態が急激に変化することがあれば最寄りの医療機関を受診してください

受診の際は、「アリに刺されたこと」「アナフィラキシー(重度のアレルギー反応であること)の可能性があること」を伝えてください

問合せ先

神戸市:神戸市ヒアリ相談テレホンセンター(電話078-322-6250(9時から17時))

神戸市以外:環境省近畿地方環境事務所野生生物課(電話06-4792-0706)

参考資料等

環境省資料「ストップ・ザ・ヒアリ(ヒアリの特徴、生態・駆除方法・刺されたときの対処方法等の参考)」(PDF:1,993KB)

(ヒアリの写真)全体は赤茶色で腹部が黒っぽい赤色(体長2.5ミリから6ミリ程度)hiari

環境省報道発表

平成29年6月18日「神戸港における緊急調査で確認されたヒアリについて」(PDF:326KB)

平成29年6月13日「ヒアリ(Solenopsis invicta)の国内初確認について」(外部サイトへリンク)

神戸市ホームページ

平成29年6月18日更新「特定外来生物ヒアリ(火蟻)について」(外部サイトへリンク)

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

部署名:農政環境部環境創造局自然環境課

電話:078-362-3389

FAX:078-362-3069

Eメール:shizenkankyo@pref.hyogo.lg.jp